「スーパーカセットビジョン」の版間の差分

編集の要約なし
(特徴節を追記。性能の比較については#主な特徴が参考になるかと思いますので少々補足しておきます。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
[[アメリカ]]市場で[[アタリ_(企業)|アタリ]]の家庭用ゲーム機[[Atari 2600]]が登場後、日本市場でも1970年代後半から1980年代前半にかけ様々なメーカーがこぞって各社各様のゲーム機を発売した。しかし、次第に淘汰が進み、本機スーパーカセットビジョン登場で、残存ハードメーカーは[[任天堂]]・[[セガゲームス|セガ]]・エポック社の3社にほぼ絞られ<ref name="famitsu">{{Cite web|url=http://www.famitsu.com/guc/blog/tvgame/11475.html|title=第2回:TVゲームグラフティー[〜1984年日本編]|publisher=ファミ通.com|date=2012-12-14|accessdate=2015-10-18}}</ref>、当時の[[ゲーマガ#Beep|一部ゲーム雑誌]]等では「3大ハードメーカー」と称される。
 
ただし「3大ハードメーカー」と言っても、任天堂が発売したファミコンが当時のハードウェアが当時としてはずば抜けて高性能であり、かつ[[サードパーティー]]の参入があってソフトが大量にリリースされていた任天堂・ファミコンの事でシェアが95%に達し実質的に「1強2弱」の状態であり、本機はマイナー機の部類に属する{{Refnest|group="注"|上記の通り、本機はファミコンが普及しはじめた頃に曲がりなりにも日本で三大ハードウエアの一角として一時はセガと対等のシェアを築いた存在ではあるが、一般的には長年にわたり語り継がれる機会が無く結果的に「知名度の低下したもの」がマイナー機として認識される。例えばライター兼コンサルタントの[[前田尋之]]は著書『負け組ハード列伝』<ref>{{Cite web|url=http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20170120121/|title=かつてのハードにスポットをあてる書籍「負け組ハード列伝」が1月27日に登場。家庭用ゲーム機編,ホビーパソコン編が同時発売|publisher=4gamer.net|date=2017-01-20|accessdate=2018-03-04}}</ref>において、「''発売から数十年経ってなお一般的に商品が認知されているもの''」という観点から勝ち組ハードを定義しており、本機はそれに該当しない機種として紹介している。なおセガは後継機で世界的にブレイクしており撤退後もそのブランドイメージが語り継がれているほか、後年の三大ハードウエアの中には日本での販売台数が[[Xbox One|本機を下回るもの]]もあるなど、結果的に知名度の要因は必ずしもシェアの順位や普及台数だけではない。}}。
 
そのため、ファミコンブーム(テレビゲームブーム)下でゲーム雑誌が乱立した時期にも関わらず、本機関連記事が取り上げられる雑誌は『[[ゲーマガ#Beep|Beep!]]』([[ソフトバンク]]刊)と『[[ゲームボーイ_(ゲーム雑誌)|ゲームボーイ]]』(マガジンボックス刊)の2誌のみだった。なお、『Beep』誌には特定店でリサーチした毎月のソフト売り上げランキングが毎号掲載されており、『ドラゴンボール ドラゴン大秘境』は発売後、ほぼ不動の一位を守り続けた。これはドラゴンボールの原作人気もあるが、他のソフトがあまり売れていなかった時期という実情もある。
375

回編集