「いちまる (スーパーマーケット)」の版間の差分

「ビッグハウス」の内部リンクを「ラルズ#ストアブランド」に変更。「ビッグハウス」を英語版を参照にして曖昧回避項目としたため。将来的に単独項目化となれば、記事名が「ビッグハウス (スーパーマーケット)」になると思われます。
(「ビッグハウス」の内部リンクを「ラルズ#ストアブランド」に変更。「ビッグハウス」を英語版を参照にして曖昧回避項目としたため。将来的に単独項目化となれば、記事名が「ビッグハウス (スーパーマーケット)」になると思われます。)
「[[ラルズ]]」が当社の本拠地である帯広地区に進出する話が具体化し始めたことから競合を回避したいとして<ref name="tokachi-mainichi-np-2000-12-31" />、2000年(平成12年)1月27日に「ラルズ」と資本・[[業務提携]]することで合意したことを発表し、同年5月末をめどに第3者割当増資によりラルズがいちまるの発行済み株式の20%を取得することになった<ref name="tokachi-mainichi-np-2000-1-28">“ラルズ、いちまると提携 株式20%を取得 「ビッグハウス」共同出店”. [[十勝毎日新聞]] (十勝毎日新聞社). (2000年1月28日)</ref>。
 
この提携に基づき、共同で「ラルズ」が展開している「[[ラルズ#ストアブランド|ビッグハウス]]」を出店することを目指すとしていた<ref name="tokachi-mainichi-np-2000-1-28" />。
 
とはいえ、この資本・業務提携はラルズ側が20%の株式を取得して当社を持ち分法の適用対象とする形であったため、ラルズが将来的には当社を吸収合併するとの見方がなされていた<ref name="tokachi-mainichi-np-2000-12-31" />。