「呉権」の版間の差分

m
m (bot: 解消済み仮リンク峰州を内部リンクに置き換えます)
[[ドンラム|唐林]](現在の[[ハノイ|ハノイ市]][[ソンタイ]])の州牧だった[[呉旻]]の子として生まれる。『[[大越史記全書]]』によると、生まれたときに異様な光に包まれていて、背中には大きなあざが三つあったとされる。将来大物になるということで、名を「権」と付けられた。
 
[[楊廷芸]]の[[南漢]]に抗する戦争で勇敢に戦い、信頼を得てその娘を娶った。南漢軍を撃退した後に楊廷芸より[[刺史]]の位を授かり、[[愛州]](現在の[[タインホア省]])を治めた。楊廷芸が[[矯公羨]]に殺されると、[[大有]]10年([[937年]])[[12月 (旧暦)|12月]]に愛州で挙兵して矯公羨を打ち破った。矯公羨に救援を求められた南漢皇帝の[[劉ゲン|劉{{Lang|ko|}}]]は万王{{仮リンク|劉弘操|zh|刘弘操}}を{{仮リンク|静海軍節度使|zh|静海军节度使}}に任じて、兵を発した。劉洪操は水軍を率いて安南に侵攻したが、この時既に呉権は矯公羨を殺していた。南漢軍の侵攻を聞いた呉権は[[白藤江の戦い (938年)|白藤江で迎撃]]し、これを大いに破った。
 
大有10年([[939年]])に王位に上り、[[古螺]]の地を選んで都とした。北方王朝の千年にも及ぶ統治に終止符を打ったのである。
527,371

回編集