「蹴鞠」の版間の差分

m
Bot作業依頼: 水滸伝の登場人物の各記事の改名に伴うリンク修正依頼 (高俅) - log
(成道が蹴鞠の達人と呼ばれていたことがわかる証明として書物を紹介し、達人といわれたエピソードを追加しました。)
m (Bot作業依頼: 水滸伝の登場人物の各記事の改名に伴うリンク修正依頼 (高俅) - log)
蹴鞠らしきものは、4000年近く前の[[華北]]に展開した[[殷]]の時代の記録に現われ、雨乞いの儀式と結びついて行われていたと言われる<ref name=nakazawa>『精霊の王』中沢新一、講談社学術文庫、2018年、第1章 謎の宿神</ref>。雨が降らないのは天と地のバランスが崩れているからであり、物が天と地の中間である空中に留まり続けることで天と地の媒介となると考え、毬を空中に蹴り上げる儀式を行なうことで、両者のバランスを取り戻そうとしたという<ref name=nakazawa/>。
 
中国の'''蹴鞠'''<ref>{{commonscat-inline|cuju|中国の蹴鞠}}</ref>(しゅくきく、{{ピン音|cùjú}}、[[国際音声記号|IPA]]: [{{IPA2|tsʰuː˥˩ tɕy˧˥}}])の歴史は紀元前300年以上前の[[田斉|斉]]([[戦国時代 (中国)|戦国時代]])での軍事訓練に遡るとされる。[[漢]]代には12人のチームが対抗して鞠を争奪し「球門」に入れた数を競う遊戯として確立し、宮廷内で大規模な競技が行われた。[[唐]]代にはルールは多様化し、球門は両チームの間の網の上に設けられたり競技場の真ん中に一個設けられるなどの形になった。この時期、鞠は羽根を詰めたものから動物の[[膀胱]]に空気を入れたよく弾むものへと変わっている。[[宋 (王朝)|宋]]代にはチーム対抗の競技としての側面が薄れて一人または集団で地面に落とさないようにボールを蹴る技を披露する遊びとなった。『[[水滸伝]]』で有名な[[高キュウ|高俅]]は蹴鞠の才によって出世した。また[[モンゴル帝国]]の遠征に伴って[[東欧]]にも伝来したと言われている。
 
その後、[[明]]初期には貴族や官僚が蹴鞠に熱中して仕事を疎かにしたり、娼妓が男たちの好きな蹴鞠を覚えて客たちを店に誘う口実にしたりすることが目立ったため、蹴鞠の禁止令が出され、蹴鞠は女性の遊戯となった。さらに[[清]]における禁止令で中国からはほぼ姿を消した。
 
== フィクションの中の蹴鞠 ==
* [[水滸伝]] - 最大の敵役である[[高キュウ|高俅]]は、蹴鞠の技巧で皇帝を魅了し、破格の出世を遂げる。
* 蹴鞠師 - [[関ジャニ∞青春ドラマシリーズ]]の一編。
 
196,772

回編集