「日本における2019年コロナウイルス感染症による社会・経済的影響」の版間の差分

m
lk
(取り消し 書くべき特筆性・関連性に欠ける、WP:IINFOに該当する、事実と意見の混同があるため削除)
タグ: 取り消し
m (lk)
=== 一般番組 ===
* [[日本テレビ放送網|日テレ]]では『[[news every.]]』で2020年2月20日以降、『[[ズームイン!!サタデー]]』で2月22日以降、[[マイスタジオ]]前広場での子どもたちの出演をしばらく休止すると発表した<ref>{{Twitter status|ntvsorajiro|1230035522535342080}}</ref><ref>{{Twitter status|ntv_zumusata|1230777343712448512}}</ref><ref>{{Cite news|title=日テレ「ズムサタ」、新型コロナウイルス拡大で「お子さんの名前紹介」を休止…「健康などを考えましてしばらくお休みとさせていただきます」|newspaper=スポーツ報知|date=2020-02-22|url=https://hochi.news/articles/20200222-OHT1T50055.html|accessdate=2020-02-22}}</ref>。
* [[日本放送協会|NHK]]では2月25日放送の音楽番組『[[うたコン]]』の公開を取り止め、[[NHK大阪ホール]]から無観客の状態で生放送された<ref>{{Cite news|和書|title=25日公開生放送のNHK「うたコン」、新型コロナ影響で無観客に|newspaper=サンケイスポーツ|date=2020-02-24|url=https://www.sanspo.com/geino/news/20200224/geo20022405010008-n1.html|accessdate=2020-02-24}}</ref><ref>{{Cite news|title=NHK「うたコン」無観客で生放送 司会の谷原章介「熱く熱くお届け」石井竜也ら熱唱|newspaper=Sponichi Annex|date=2020-02-25|url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/25/kiji/20200225s00041000329000c.html|accessdate=2020-02-26}}</ref>。また同日「新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対策」の期間として、2月26日からNHKが実施するイベントの中止・延期、『[[NHKのど自慢]]』や『[[おかあさんといっしょのコンサート一覧|おかあさんといっしょファミリーコンサート]]』等を始めとする同期間に収録する[[公開放送|公開番組]]の中止・延期、あるいは無観客状態で収録することを発表した<ref>{{Cite web|url=https://www.sanspo.com/geino/news/20200227/geo20022705030009-n1.html|title=「NHKのど自慢」3週連続中止、「おかあさんといっしょ」も中止|accessdate=2020年3月1日|publisher=サンケイスポーツ(2020年2月27日作成)}}</ref>。また前述の期間中は[[NHKスタジオパーク]]、[[NHK放送博物館]]、埼玉県[[川口市]]の[[NHKアーカイブス (施設)|NHKアーカイブス]]の休館が決定した<ref>{{Cite press release|title=新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対策について|publisher=NHK広報局|date=2020-02-25|url=https://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20200225.pdf|format=PDF|accessdate=2020-02-26}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202002250000602.html|title=NHKがコロナ対策、公開番組は無観客・中止・延期|accessdate=2020年3月1日|publisher=日刊スポーツ(2020年2月25日作成)}}</ref>。2月25日の時点では対策期間を3月15日までとし、その後は状況を踏まえて判断するとしていたが、3月6日に対策期間を同月31日まで<ref>{{Cite web|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202003060000490.html|title=NHKが新型コロナ感染防止対策を31日まで継続|accessdate=2020年3月6日|publisher=日刊スポーツ(2020年3月6日作成)}}</ref>、次いで3月24日に対策期間を4月12日まで、更に4月7日には緊急事態宣言が出されたことを受けて5月10日まで、更に4月27日には5月31日まで延長すると発表し、そのうちNHKスタジオパークは東京オリンピック・パラリンピックの延期のために東京・放送センターの建て替え工事の準備作業のスケジュールが変更になった影響で5月11日をもって急遽閉館を発表し<ref>{{Cite web|url=https://www.shibukei.com/headline/15042/|title=NHKスタジオパーク、コロナ禍で前倒し閉館 建て替え工事の準備工程変更に伴い|publisher=シブヤ経済新聞|date=2020-5-11|accessdate=2020-6-2}}</ref>、前身の『見学コース』『NHK展示プラザ』時代から54年半の歴史に幕を閉じた。この影響により『[[連続テレビ小説]] [[エール (テレビドラマ)|エール]]』や『[[大河ドラマ]] [[麒麟がる]]』が4月1日から無期限撮影休止となった。また、これ以外でも特に東京・放送センターや[[NHK大阪放送局|大阪放送局]]では、芸能人をはじめNHK職員(アナウンサー・報道記者など)では無い出演者を局内のスタジオに入れての番組収録・生放送も5月25日まで一切行わなかった<ref>ただし、例外としてニュース番組などの気象情報コーナーに出演する気象予報士や、BS1の『[[NHK BSニュース|BSニュース]]』『[[キャッチ!世界のトップニュース]]』『[[国際報道2020]]』、ラジオ第1の『[[マイあさ!]]』『[[Nらじ]]』『[[NHKジャーナル]]』『[[ラジオ深夜便]]』等に出演している契約キャスターや元アナウンサーに限っては通常通りスタジオ出演していた。</ref><ref>なお、『[[あさイチ]]』など一部の番組ではレギュラー出演する芸能人が自宅などからリモート出演するケースもあった。</ref>。このため、ラジオ第1放送が『[[らじらー!]]』を4月12日21時を以て生ではなくアンコール放送に切り替えた<ref>[https://www.nhk.or.jp/radirer/ らじらー!] NHK、2020年4月12日</ref> ほか、『うたコン』も4月14日から6月2日まで生放送を中止し、「特別編"私たちには歌がある!"」と題した総集編を放送した<ref group="注">なお、これとは別に4月7日は緊急事態宣言発令による安倍首相の記者会見の生中継や関連ニュースに伴い『NHKニュース7』が急遽20:45まで拡大放送されたために番組自体が予告無く休止となった。また、5月5日は元々から大型連休期間の特番編成が組まれることとなっていたため休止された。</ref>。その他、『[[ガッテン!]]』では出演者が進行役の[[小野文恵]]アナウンサーを除き全てリモート出演となっていた。そのほか、4月20日以降『[[NHKニュースおはよう日本|NHKニュース おはよう日本]]』『[[NHKニュース7]]』『[[ニュースウオッチ9]]』などの報道番組では、キャスター交代制や出演者を最低限にするなどの対策を講じていた<ref group="注">例えば、『ニュース7』では通常キャスター3人制(メイン1人・サブ2人)となっていたのを臨時に2人制(メイン・サブそれぞれ1人)とし、平日の場合月 - 水曜日は[[井上裕貴]]を抜いた2人([[瀧川剛史]]・[[上原光紀]])、木・金曜日は井上と[[赤木野々花]]のペアリングとしていた。そのほか、『 - おはよう日本(平日版)』『ニュースウオッチ9』『[[首都圏ネットワーク]]』(後者は関東ローカル)ではメインキャスター2人の同時接触を防ぐためどちらか片方が隔週交代で出演する2班制を取った。また、『[[ニュース シブ5時]]』でも2班制を導入したが、こちらの場合月 - 水曜日は[[阿部渉]]・[[澤田彩香]]、木・金曜日は[[守本奈実]]・[[小西政親]]が担当するシフトを取っていた。</ref> が、5月26日以降こうした対策を感染防止策を行うことを前提に順次緩和した。さらに、緊急事態宣言が解除されるまでは外出を伴う番組収録やロケ、生中継もニュース等一部の番組を除き行わなかった。これらの影響により、NHKは5月15日、前述の通り撮影が無期限休止となっている『エール』と『麒麟がくる』を前者は6月22日からの週、後者は6月7日をもっていずれも一時放送休止とすることを発表した<ref>[https://www.nhk.or.jp/info/otherpress/pdf/2020/20200515_2.pdf 大河ドラマ「麒麟がくる」、連続テレビ小説「エール」放送の一時休止のお知らせ] NHK広報局のプレスリリース 2020年5月15日発行、同日閲覧。</ref>。同局によると、過去に重大ニュース・自然災害や編成上の都合により、連続テレビ小説や大河ドラマが短期間放送休止となったケースはあるものの、かなりの長期間休止となるのは今回が初めてだという。穴埋めとして、前者では6月29日以降第1話からの追っ掛け再放送を実施し、後者では同月14日・21日・28日と7月12日に『「麒麟がくる」までお待ち下さい 戦国大河ドラマ名場面スペシャル』<ref>[https://hochi.news/articles/20200527-OHT1T50125.html NHK 朝ドラ「エール」6月29日より第1話から再放送 新型コロナによる撮影中止の影響で] スポーツ報知(2020年5月27日)同日閲覧。</ref>、7月5日に『[[2020年東京都知事選挙|東京都知事選挙]]開票速報』(19:59 - 20:50)<ref group="注">なお、22:30 - 22:55にも放送したほか、関東地方では20:55 - 21:00・6日0:05 - 0:35(5日深夜)にも別途全国向けの開票速報とは別の出演者で放送した(前者は通常の関東甲信越地方向けローカルニュースの枠として扱われたため、山梨・長野・新潟の3県にもネットされた)。</ref>、同月19日に『[[ダーウィンが来た!生きもの新伝説|ダーウィンが来た!]] 今こそ見たい!ニッポンの生きものスペシャル』(19:30 - 20:43)、同月26日に『「麒麟がくる」までお待ち下さい〜キャスト・スタッフが明かす大河ドラマの舞台裏』(19:30 - 20:43)、8月2日に『恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』(19:30 - 20:42)をそれぞれ放送した。その後、新型コロナウイルスの感染拡大の勢いが落ち着いた6月にNHKが策定したガイドラインに基づき『エール』は6月16日、『麒麟がくる』は同月30日にそれぞれ撮影を再開。そして、NHKは7月22日、『麒麟がくる』について8月30日から放送を再開することを発表した<ref>[https://www.nhk.or.jp/kirin/news/news_200722.html 大河ドラマ『麒麟がくる』放送再開のお知らせ] NHKの番組ホームページより。2020年7月22日掲載・同日閲覧。</ref>。なお、それに先駆け8月9日から3週連続で『「麒麟がくる」まであと○週! これまでの名場面すべて見せます総集編』を放送することも発表した。
* [[日本テレビ放送網|日テレ]]『[[ヒルナンデス!]]』、[[TBSテレビ|TBS]]『[[ひるおび!]]』、[[フジテレビジョン|フジテレビ]]『[[VS嵐]]』、[[テレビ朝日]]『[[ミュージックステーション]]』、[[テレビ東京]]『[[開運!なんでも鑑定団]]』等、[[民間放送|民放]]全局でも公開収録や番組観覧等を当面の間取り止める放送局が相次いでいる<ref>{{Cite web|url=https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/26/0013147547.shtml|title=TBS 公開収録と番組観覧当面中止 「アッコに…」「ぴったんこ…」など…社長が発表|accessdate=2020年3月1日|publisher=デイリースポーツ(2020年2月26日作成)}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://hochi.news/articles/20200227-OHT1T50230.html|title=コロナウイルス フジテレビも観客の観覧中止|accessdate=2020年3月1日|publisher=スポーツ報知(2020年2月27日作成)}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202002280000902.html|title=「ミュージックステーション」異例の無観客で生放送|accessdate=2020年3月2日|publisher=日刊スポーツ(2020年2月28日作成)}}</ref>。
* 3月6日、[[テレビ神奈川]](tvk)は3月29日に開局50周年記念番組として開催・放送を予定していた『tvk music hour 2020』を中止することを発表した<ref>{{Cite web|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202003060000354.html|title=テレビ神奈川、50周年記念の生放送音楽特番中止|accessdate=2020年3月6日|publisher=日刊スポーツ(2020年3月6日作成)}}</ref>。