「バルコニー」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎ギャラリー: link バルコニー (マネの絵画)。上部でも誘導されていますが、ここには画像があるので)
[[画像:Balkong, Nordisk familjebok.png|thumb|right|ブランケット付きのバルコニー、手すりのついたもの]]
[[画像:Balcony_in_Rome.jpg|right|thumb|ローマのバルコニー]]
'''バルコニー''' (balcony)は、一般に建物から外部壁面部分に張り出した手すりつきのスペースのことである。イタリア語の''balcone''に由来する開口部。'''露台'''(ろだい)ともいう。[[ベランダ]]との違いは手摺などの有無にある
 
== 歴史 ==
バルコニーの原始的形態は古代ローマには出現していた<ref name="CATALONIA">{{Citation|title=カタルーニャの歴史的都市邸宅ファサードにおける開口部とバルコニーの変遷 近代以前の都市住宅におけるバルコニーに関する研究 その1|url=https://doi.org/10.3130/aija.72.149_2|publisher=日本建築学会|journal=日本建築学会計画系論文集 |volume=618 |pages=149-155 |accessdate=2020-08-08|doi=10.3130/aija.72.149_2|language=ja|author1=熊谷亮平|author2=松村秀一}}</ref>。
 
ラテン語のバルコニーを意味するbalconeはbalco(舞台、観覧席)の派生語といわれている<ref name="CATALONIA" />。
 
== 構造 ==
概ねそのスペースを支える支柱のようなブランケットがついている。伝統的な[[マルタ]]風バルコニーは、壁面から張り出した木造のバルコニーである。
 
バルコニーは建物から外部に突き出したような形を採るか、部屋に接する野外の陸屋根状のスペースを利用する。後者の場合、正面または2方向、3方向のみ手摺があり、一方は壁面になる。通常、バルコニーに出るための開口が設けられている。
 
下階の屋根部分をバルコニーとして利用する形態をルーフバルコニーという<ref name="big">[http://www.big-tokyo.com/beginner/terms4.html 不動産用語辞典] ビッグ</ref>。
 
日本の[[建築基準法施行令]]では、“100センチメートル以上の幅と110センチメートル以上の手摺を付ける”ことと定められている。
 
[[ベランダ]]との違いは、<!-- 全身を出せる否か(右画像参照)[※編者注]曖昧な表現のため、コメントアウトします。 -->手摺および屋根の有無。
 
== 用途 ==
日本のバルコニーは、物干し場や庭としての活用、娯楽スペースなどに利用されることがある。特に高層建築ではその用途に加えて、高さへの不安感の解消と、災害時の避難経路確保の目的から付けられることがある。また、[[本田技研工業|ホンダ]]青山ビルには「万一地震で窓が割れても(破片が落ちて)下の通行人に危険が及ばないように」と言う安全上の理由からバルコニーが採用されている。
 
往々にして、バルコニーは特別の行事のために特に設置されるということもある。たとえば、[[ローマ]]の[[サン・ピエトロ大聖堂]]での新しい[[教皇]]の選出で、[[コンクラーベ]]の後、教皇の信徒への挨拶のためといったようなケースである。教会の中でも、バルコニーは[[聖歌隊]]のために利用されたり、また政府や要人たちの儀礼的な晩餐会などでも、音楽の演奏者やその他のスタッフのためにバルコニーが同様の使われ方をすることもある。
18

回編集