「リチウム」の版間の差分

m
曖昧さ回避ページフォーブスへのリンクを解消、リンク先をフォーブス (雑誌)に変更(DisamAssist使用)
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (hdl.handle.net) (Botによる編集))
m (曖昧さ回避ページフォーブスへのリンクを解消、リンク先をフォーブス (雑誌)に変更(DisamAssist使用))
リチウムは地球上に広く分布しているが、非常に高い反応性のために単体としては存在していない<ref name=krebs/>。海水に含まれるリチウムの総量は非常に多く2,300億トンと推定されており、その濃度は0.14 - 0.24ppm、もしくは[[モル濃度]]で25μmol/L<ref>{{cite web|url=https://link.springer.com/chapter/10.1007%2F3-540-13534-0_3 |title=Extraction of metals from sea water|year=1984|publisher=Springer Berlin Heidelberg|accessdate=2013-06-6}}</ref>と比較的安定した濃度で存在している<ref>{{cite web |url=http://www.ioes.saga-u.ac.jp/ioes-study/li/lithium/occurence.html |archiveurl=https://web.archive.org/web/20090502142924/http://www.ioes.saga-u.ac.jp/ioes-study/li/lithium/occurence.html |archivedate=2009年5月2日 |title=Lithium Occurrence |accessdate=2009-03-13 |publisher=Institute of Ocean Energy, Saga University, Japan |deadlinkdate=2017年9月 }}</ref><ref name=enc/>。[[熱水噴出孔]]ではより高濃度にリチウムが存在しており、その濃度は7ppmに達する<ref name=enc/>。
 
地殻中のリチウム濃度は重量濃度でおよそ20 - 70ppmにわたると見積もられており<ref name=krebs/>、地殻中で25番目に多く存在する元素である<ref>{{Cite book|title=Handbook of Environmental Isotope Geochemistry Volume 1|author=Mark Baskaran|year=2011|page=42|publisher=Springer|isbn=3642106374}}</ref>。リチウムは[[火成岩]]を構成する非主要な元素であり、中でも[[花崗岩]]で最大の濃度となる。リチウム鉱物である[[リシア輝石]]や[[葉長石]]を含有する[[ペグマタイト]]もまた多くリチウムを含んでおり、リチウム源としてもっとも多く商業利用されている<ref name="kamienski">{{Cite book|first = Conrad W. |last = Kamienski, McDonald, Daniel P.; Stark, Marshall W.; Papcun, John R.|chapter =Lithium and lithium compounds|title =Kirk-Othmer Encyclopedia of Chemical Technology|publisher = John Wiley & Sons, Inc.| year = 2004|doi =10.1002/0471238961.1209200811011309.a01.pub2}}</ref>。もうひとつの重要なリチウム鉱物に[[リチア雲母]]がある<ref>{{cite book|title=Shriver & Atkins' Inorganic Chemistry|edition=5|publisher=W. H. Freeman and Company|place= New York|year= 2010|page=296|isbn=0199236178|author=Atkins, Peter }}</ref>。新しいリチウム源としては[[ヘクトライト]]粘土があり、アメリカのWestern Lithium Corporation社によって活発に資源開発されている<ref>{{Cite journal|author= Moores, S.|title= Between a rock and a salt lake|journal= Industrial Minerals|date= June 2007|page=58|volume=477}}</ref>。リチウムは、水分蒸発量の多い乾燥した地域の塩湖などにおいて非常に長い時間をかけて濃縮され、鉱床を形成することも知られている<ref>{{Cite web|title=リチウム資源-ウユニ塩湖- |format=PDF |url=http://unit.aist.go.jp/georesenv/result/green-report/report10/p73.pdf|page=2|publisher=産業技術総合研究所|accessdate=2013-06-16|deadlinkdate=2017年7月 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20130220164545/http://unit.aist.go.jp/georesenv/result/green-report/report10/p73.pdf |archivedate=2013-02-20}}</ref>。そのような乾燥した塩湖には、全世界のリチウム埋蔵量(鉱石ベース)のおよそ半分におよぶ540万トンの埋蔵量を有していると推定されている[[ボリビア]]の[[ウユニ]]塩原<ref name=kyoto/><ref>{{Cite web|title=LITHIUM, A STRATEGIC ELEMENT FOR ENERGY IN THE WORLD MARKET |format=PDF |author=Robert Bruce Wallace|url=http://www.depfe.unam.mx/p-cientifica/wallace-bruce_2012.pdf|accessdate=2013-08-14|page=9}}</ref>や、埋蔵量の27パーセント、およそ300万トンの埋蔵量を有する[[チリ]]の[[アタカマ塩原]]<ref name=Forbes>{{cite news|url=http://www.forbes.com/forbes/2008/1124/034.html|title=The Saudi Arabia of Lithium|work=[[フォーブス (雑誌)|Forbes]]|author=Brendan I. Koerner|date=2008-10-30|accessdate=2011-05-12}} ''Published on Forbes Magazine dated November 24, 2008''.</ref><ref>{{Cite web|title=LITHIUM, A STRATEGIC ELEMENT FOR ENERGY IN THE WORLD MARKET |format=PDF |author=Robert Bruce Wallace|url=http://www.depfe.unam.mx/p-cientifica/wallace-bruce_2012.pdf|accessdate=2013-08-14|page=6}}</ref>などが含まれる。
 
[[アメリカ地質調査所]]の2011年の推定によると、最大の可採埋蔵量<ref group=note name=res>{{PDF|[http://minerals.usgs.gov/minerals/pubs/mcs/2011/mcsapp2011.pdf Apendixes]}}. USGSの定義によれば、埋蔵量 (reserve base) とは「実績ある技術および現在の経済状況の想定を超えて、将来において経済的に利用可能となるような潜在的可能性を有している資源をも含有したものを示す。埋蔵量には、現在経済的に利用可能なもの(可採埋蔵量、reserves)、準経済的なもの(準埋蔵量、marginal reserves)および経済的に採算の取れないもの(非経済的埋蔵量、subeconomic resources)が含まれる。」</ref>を有する国は[[チリ]]の750万トンであり<ref>Clarke, G.M. and Harben, P.W., "Lithium Availability Wall Map". Published June 2009. Referenced at [https://archive.is/20130113005019/http://www.lithiumalliance.org/about-lithium/lithium-sources/85-broad-based-lithium-reserves International Lithium Alliance](2013年1月13日時点の[[archive.is|アーカイブ]])</ref>、チリは生産量も1万2,600トンと世界最大である<ref name="minerals.usgs.gov"/>。ほかの主要なリチウム産出国としては、[[オーストラリア]]、[[アルゼンチン]]、[[中国]]が含まれる<ref name="minerals.usgs.gov"/><ref>{{cite web|url=http://www.meridian-int-res.com/Projects/Lithium_Microscope.pdf |title=The Trouble with Lithium 2 |format=PDF|work=Meridian International Research |year=2008 |accessdate=2010-09-29}}</ref>。[[ボリビア]]は世界最大のリチウム埋蔵量を占める[[ウユニ]]塩原を有しているが、技術的・政治的な問題によりリチウム生産の事業化には至っていない<ref name=kyoto/>。