「ワクチン」の版間の差分

編集の要約なし
=== 生ワクチン ===
{{Main|弱毒化ウイルス}}
毒性を弱めた[[微生物]]や[[ウイルス]]を使用。[[液性免疫|体液性免疫/液性免疫]]のみならず[[細胞性免疫|細胞性免疫/細胞免疫]]も獲得できるため、不活化ワクチンに比べて獲得免疫力が強く、免疫持続期間も長い。生産コストが低い上投与回数も少なくて済み、経済性に優れるが、発見は偶発的なものに頼る部分が多いため開発しづらく、また弱っている病原体を使うため、ワクチン株の感染による[[副反応]]を発現する可能性が稀にある<ref>「ワクチン 基礎から臨床まで」p238 日本ワクチン学会編集 朝倉書店 2018年10月10日初版第1刷</ref>。免疫不全症で細胞性免疫が低下している場合は、生ワクチンを接種してはならない<ref>https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=3784 「免疫不全患者に対して禁忌とされるワクチンの種類とステロイドがワクチン接種に与える影響」Web医事新報 No.4761 (2015年07月25日発行) P.64 2020年8月8日閲覧</ref>。
* [[BCG|BCGワクチン]]
* [[ポリオワクチン]]
[[File:Bimmuge-Hepatitis B Vaccines.jpg|thumb|B型肝炎ワクチン ビームゲン]]
{{Main|不活化ワクチン}}
死菌ワクチンとも呼ばれる。狭義の不活化ワクチンは化学処理などにより死んだ[[ウイルス]]、[[細菌]]、[[リケッチア]]を使用。取り扱いや効果において同様である[[抗原]]部分のみを培養したものを含めて不活化ワクチンと称されることもあり、以下その定義に含められるものを挙げる。生ワクチンより[[副反応]]が少なく安全性が高いが、[[液性免疫]]しか獲得できずその分免疫の続く期間が短いことがあり、このため複数回接種が必要なものが多い<ref>「ワクチン 基礎から臨床まで」p239 日本ワクチン学会編集 朝倉書店 2018年10月10日初版第1刷</ref>(代表例は三種混合ワクチンやインフルエンザワクチン)。免疫不全症の場合でも投与は可能である<ref>https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=3784 「免疫不全患者に対して禁忌とされるワクチンの種類とステロイドがワクチン接種に与える影響」Web医事新報 No.4761 (2015年07月25日発行) P.64 2020年8月8日閲覧</ref>
 
2歳未満の乳幼児では、蛋白成分を含まない抗原(ハプテン)部分だけでは免疫を惹起できない。このため、肺炎球菌ワクチンなど蛋白ではない抗原を用いるワクチンでは、乳幼児に接種するに際しては別の蛋白と抗原を結合させるなどの工夫がされている。
 
=== 接種間隔 ===
日本では、生ワクチン接種後は27日以上あけ、不活化ワクチンの後は6日以上あけることが規定されているが、医師の判断で必要と認められた場合には、同日複数接種も可能である<ref>「予防接種の現場で困らない まるわかりワクチンQ&A」p30-31 中野貴司編著 日本医事新報社 2015年4月10日第1版</ref>。複数のワクチンを混合して接種することはできない。同日接種を行うことによって、安全性・効果(免疫応答)が変化・相乗することはなく、また害や懸念事項も存在しないため、迅速な免疫獲得や来院回数の減少などのメリットが大きい同日接種は推奨されている<ref>「予防接種の現場で困らない まるわかりワクチンQ&A」p96-97 中野貴司編著 日本医事新報社 2015年4月10日第1版</ref>。一度に接種できるワクチンの数に制限はない。また、同日接種の際、ワクチン同士はおよそ1[[インチ]](2-3センチメートル)離れていれば問題ない。複数のワクチンを混合して接種することはできない。
 
WHOや[[アメリカ疾病予防管理センター]]が定める標準は、原則として、