「ワクチン」の版間の差分

編集の要約なし
'''ワクチン'''({{lang-de-short|Vakzin}}、{{lang-en-short|vaccine}})は、[[感染症]]の予防に用いる[[医薬品]]。[[病原体]]から作られた無毒化あるいは弱毒化された[[抗原]]を投与することで、体内の病原体に対する[[抗体]]産生を促し、感染症に対する免疫を獲得する。
 
ワクチンは感染症予防において最も重要かつ効率的な手段であり<ref>「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p2 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行</ref>、世界各国でワクチンの[[予防接種]]が行われている。ワクチンはとくに[[抗生物質]]の効かないウイルス性の感染症に効果がある上、細菌性の感染症で増大している[[薬剤耐性菌]]への対策の関係上、予防医学において特に重視されている<ref>「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p3 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行</ref>。感染症流行地域に入国する際には該当感染症のワクチン接種が推奨されており、特に[[黄熱ワクチン]]に関しては入国に際して接種を義務づけ、[[イエローカード (予防接種)|イエローカード]](接種証明書)の提示を求める国家が存在する<ref>https://www.forth.go.jp/useful/vaccination.html 「海外渡航のためのワクチン」厚生労働省検疫所FORTH 2020年8月4日閲覧</ref>。
 
== 名称 ==
== 接種方法 ==
[[File:HPV-vaccine- Gardasil-2016JAPAN-04.jpg|thumb|ガーダシルの注射状況]]
[[注射|皮下注射]]、[[筋肉内注射]]が多いが、経口生[[急性灰白髄炎|ポリオ]]ワクチン(OPV)やロタウイルスワクチンの様に、直接[[]]に飲む(経口ワクチン)ものも存在し、また[[鼻]]にワクチンを吹き付ける経鼻ワクチンも開発されているほか<ref>「予防接種の現場で困らない まるわかりワクチンQ&A」p76-77 中野貴司編著 日本医事新報社 2015年4月10日第1版</ref>、[[BCG]]のようなスタンプ式の製品ある。
 
=== 接種間隔 ===
 
==ワクチン開発==
ワクチン開発は、まず病原の培養や不活化・弱毒化などの基礎研究を行った後、動物による非臨床試験をおこない、その後3段階に分けて臨床試験を行う。試験終了後に国による承認審査が行われ、承認されれば生産体制を整え、販売が始まる。ワクチン開発にかかる期間は非常に長く、最短でも10年近くは必要となる<ref>https://www.biken.or.jp/about_business/reserch-project/development-flow 「研究開発の流れ」一般財団法人 阪大微生物病研究会(BIKEN財団) 2020年8月8日閲覧</ref>。ワクチン開発の際重視される条件は、感染症予防・重症化阻止の効果、副反応などを最小限に抑えた安全性、そして開発・生産・接種コストを中心とする経済性の3点であり、これらのうち一つでも顕著に問題が存在した場合は実用化はなされない<ref>「ワクチン 基礎から臨床まで」p238 日本ワクチン学会編集 朝倉書店 2018年10月10日初版第1刷</ref>。
 
新たな感染症に対するワクチン開発は、多額の投資と時間を要するため、流行が収束して関心が低下すると資金が滞り中断を余儀なくされることがある。[[グラクソ・スミスクライン]]の例では、[[エボラ出血熱]]に対応するワクチン開発を長らく行ってきたが、臨床試験の最終段階の時点で流行が広がっていたのは最貧国の[[コンゴ民主共和国]]であり、金銭的リターンが事実上見込めないとして開発継続を断念。ワクチン候補を[[2019年]]までにアメリカの非営利機関に昨年譲渡した<ref>{{Cite web |date=2020-03-10 |url=https://www.swissinfo.ch/jpn/business/covid-19-_新型コロナウイルスのワクチン開発-製薬大手が消極的な理由/45605794 |title=新型コロナウイルスのワクチン開発-製薬大手が消極的な理由 |publisher=スイスインフォ |accessdate=2020-04-18}}</ref>。