「ワクチン」の版間の差分

編集の要約なし
== 接種方法 ==
[[File:HPV-vaccine- Gardasil-2016JAPAN-04.jpg|thumb|ガーダシルの注射状況]]
[[注射|皮下注射]]、[[筋肉内注射]]が多いが、経口生[[急性灰白髄炎|ポリオ]]ワクチン(OPV)やロタウイルスワクチンの様に、直接[[口]]に飲む(経口ワクチン)ものも存在し、また[[鼻]]にワクチンを吹き付ける経鼻ワクチンも開発されているほか<ref>「予防接種の現場で困らない まるわかりワクチンQ&A」p76-77 中野貴司編著 日本医事新報社 2015年4月10日第1版</ref>、[[BCG]]のようなスタンプ式の製品もある。強力なワクチンの場合は1回で接種を済ませられることもあるが、ほとんどのワクチンは2回以上の接種が必要となる。これは1回の接種ではそれほど得られる免疫が強くないうえ、多くの場合複数回接種では得られる免疫力が大幅に増大する、いわゆる[[ブースター効果]]が起きるためである<ref>「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p205 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行</ref>。
 
=== 接種間隔 ===
日本では1849年に[[オットー・ゴットリープ・モーニッケ]]が天然痘の痘苗を輸入し<ref>『医学の歴史』p301 梶田昭 講談社 2003年9月10日第1刷</ref>、以後本格的に種痘が全国に広まった。1909年には種痘法が施行され、1948年には[[予防接種法]]が制定されて、天然痘以外の感染症でも予防接種が義務化された<ref>「ワクチン 基礎から臨床まで」p4 日本ワクチン学会編集 朝倉書店 2018年10月10日初版第1刷</ref>。
 
1964年(昭和39年)に始まった、インフルエンザワクチンの被害を訴える訴訟は、1980年代まで長く続き報道された<ref>{{cite news |author=高橋真理子 |title=常識破りの連続だったインフルワクチン報道 |url=http://webronza.asahi.com/science/articles/2014112200024.html |date=2014-11-21 |newspaper朝日新聞WEB RONZA= |accessdate=2018-04-10}}</ref>。続く予防接種による訴訟によって、1976年(昭和51年)に予防接種法が改正され、救済制度が設立された<ref name="naid40000600648">{{Cite journal |和書|author=堀勝洋 |date=1982-09 |title=社会保障法判例 - 児童の障害が種痘に起因すると認められ、予防接種法による障害児養育年金の不支給決定が取り消された事例 |journal=季刊社会保障研究 |volume=17 |issue=4 |pages=469-474 |url=http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/sh170408.pdf|format=pdf}}</ref>。1994年には強制予防接種が緩和され、定期ワクチン接種は勧奨にとどめられることになった<ref>「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p34 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行</ref>。ただし定期接種は国策として行われるものであるため費用助成が行われており、ほとんどの場合無料である<ref>https://www.know-vpd.jp/vc/vc_cst.htm 「ワクチンはお金がかかる?!」KNOW・VPD NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会 2020年8月10日閲覧</ref>。
 
日本は、1980年代までワクチン先進国とされていたが、副作用による訴訟が相次ぎ、厚生省とメーカーが開発・接種に消極的になった結果、日本はワクチン後進国だと言われることもある<ref>[http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=29767 製薬大手、ワクチンに活路]:[[読売新聞]]</ref>。1990年代以降、海外で続々と開発されたワクチンが日本ではほとんど認可されず、「ワクチン・ギャップ」と称されるほど他国に比べワクチン開発が遅れた状況となった。この状況は2007年以降ワクチンの認可が急速に進められたことでやや解消されつつある<ref>「予防接種の現場で困らない まるわかりワクチンQ&A」p2-3 中野貴司編著 日本医事新報社 2015年4月10日第1版</ref>。