「ポリアクリルアミドゲル電気泳動」の版間の差分

編集の要約なし
{{Redirect|PAGE|日本のラッパー|PAGE (ラッパー)|その他|ページ}}
{{出典の明記|date=2020-08-10}}
'''ポリアクリルアミドゲル電気泳動'''(ポリアクリルアミドゲルでんきえいどう、Poly-Acrylamide Gel Electrophoresis)は、[[アクリルアミド]]の重合体であるポリアクリルアミドの[[ゲル]]を使用した[[電気泳動]]により、[[タンパク質]]や[[核酸]]を分離する方法。略して'''PAGE'''(ペイジ)ともいう。
 
[[1964年]]にデイビスとオーンスタインにより導入された。初期にはガラス管内にゲルを作製して用いる方法(ディスク電気泳動)であったが、現在は2枚のガラス板の間にゲルを作製する方法が主流となっており、様々な応用が派生した重要な手法である。
 
== 原理 ==
 
=== 等電点電気泳動 ===
[[両性イオン]]を含む[[緩衝液]]中でタンパク質を泳動し[[等電点]]によって分離する方法が[[等電点電気泳動]]であり、通常は担体としてポリアクリルアミドを用いる。すでにアポEアポEフェノタイプの分析に応用したキットが存在する。(参考文献 片岡久朗他: 臨床検査、Vol.37、12、1993)
 
タンパク質の分析によく用いられる[[二次元電気泳動]]は、1次元目で細長いゲルを用いた等電点電気泳動を行い、それを2次元目のSDS-PAGEでさらに分離するのが通常の方法である。
 
{{biochem-stub}}
タンパク質の分析によく用いられる[[二次元電気泳動]]は、1次元目で細長いゲルを用いた等電点電気泳動を行い、それを2次元目のSDS-PAGEで更に分離するのが通常の方法である。
 
{{DEFAULTSORT:ほりあくりるみとけるてんきえいとう}}
 
{{biochem-stub}}
 
[[Category:電気泳動]]
匿名利用者