「公正証書」の版間の差分

編集の要約なし
m (執行証書の淵源)
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
'''公正証書'''(こうせいしょうしょ、[[英語|英]]:''<span lang="en" dir="ltr">notarial deed</span>''、[[ドイツ語|独]]:''<span lang="de" dir="ltr">notariellen Beurkundung</span>''、[[フランス語|仏]]:''<span lang="fr" dir="ltr">acte notarié</span>''、[[韓国語|韓]]:<span lang="ko" dir="ltr">공정 증서</span>)とは、ある人が法的に意味のある行為をしたという事実を証明する文書であって、そのような証明文書を作成するために必要な公的資格を持つ専門家([[公証人]] ''notary public'')が、行為者の依頼に基づく職務として作成するものをいう。なお、日本語の「公正証書」には「公務員が作成する証明文書」という広い意味もあるが(例えば、日本の刑法157条。フランス語の公署行為 ''acte authentique'' に近い。)、本稿では公証人が作成する公正証書のみを説明する。<ref>{{Cite web|url=https://kotobank.jp/word/%E5%85%AC%E6%AD%A3%E8%A8%BC%E6%9B%B8-62457|title=公正証書(こうせいしょうしょ)とは - コトバンク|accessdate=2020-07-18|publisher=朝日新聞社}}</ref>
 
==概要==
公証人の資格要件、職務範囲、人数、社会的地位などは[[法域]]ごとに様々であるが、大別すると、ラテン系公証人制度を採用する法域(日本、韓国、ドイツ、フランス、イタリア、ギリシャ、スペイン、メキシコなど)の公証人は、公正証書を作成することを主要な職務の一つとし、<ref>{{Cite web|url=http://www.koshonin.gr.jp/system/s02/s02_03|title=公証事務とは|accessdate=2020-07-22|publisher=日本公証人連合会}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.notaires.fr/fr/profession-notaire/r%C3%B4le-du-notaire-et-ses-principaux-domaines-dintervention/lacte-authentique-du-notaire|title=L'acte authentique du notaire|accessdate=2020-07-22|publisher=フランス公証人会 Notaires de France}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://notarycapetown.co.za/about-us/why-use-notary/#:~:text=A%20Notary%20Public%20is%20an%20attorney%20admitted%20and,a%20higher%20standard%20of%20care%20than%20an%20attorney.|title=WHY DO YOU NEED A NOTARY PUBLIC?|accessdate=2020ー07ー22|publisher=Le Roux Attonerys Inc.}}</ref>アメリカ合衆国([[ルイジアナ州]]及び[[プエルトリコ]]を除く。)などの公証人は、認証 ''certification''(他人が作成した文書を、確かにその他人が作成したと証明すること)に特化している。<ref>[[:en:Notary public|Notary public(英語版ウィキペディア)]]の節 ''Common law jurisdictions、''[http://www.koshonin.gr.jp/system/s03/s03_01 日本公証人連合会「公証制度」]</ref>非英語圏では「公正証書」に当たる語の英訳として ''notarial act'' を当てることも多く、現にこの辞典の日本語版、スペイン語版、フランス語版、ポルトガル語版なども言語間リンクを英語版の ''Notarial act'' との間に設定している。しかし、''notarial act'' には正式書式 ''public form'' と簡約書式 ''private form'' とがあるという説明が一般的であり、<ref>{{Cite web|url=https://legalspaintrans.com/legal-translation/translating-notary-terms-2-what-are-public-form-and-private-form-notarial-acts/|title=Translating notary terms 2: What are public-form and private-form notarial acts?|accessdate=2020-07-23|publisher=Rob Lunn Legal Trans}}</ref>このうち簡約書式の ''notarial act'' は他人が作成した文書を引用添付する方法で作成されるから、<ref>{{Cite web|url=https://notarialservices.com.au/public-vs-private-form/|title=Public vs Private Form|accessdate=2020-07-24|publisher=NOTARIAL SERVICES (SYDNEY)}}</ref>日本語でいう公正証書というよりは、むしろ認証に近い。そこで本記事では、公正証書の英語訳として ''notarial deed'' を当てる。