「電束」の版間の差分

磁束との対応で統一的、記載とした。多少、オカルト的でもあるので。
(磁束との対応で統一的、記載とした。多少、オカルト的でもあるので。)
'''電束'''('''でんそく''')は、着目する場所に於ける[[電気力線]]の貫通の様子を定量的に規定したもので、面積に対する[[力線]]数と向きがある。
 
この変化速度に比例してそれまで其処には存在しなかった[[磁束]]が突然にパッと魔法の如く出現することを[[マイケル・ファラデー]]が発見した。即ち、変化が原因となり、別の新たな物理的量が発生する一例にもなっている。
 
{{sci-stub}}
匿名利用者