「リボ核酸」の版間の差分

(Kotobank2->Cite Kotobank)
DNAとRNAの化学構造の違いの第一は、ヌクレオチド中の糖は、RNAは[[リボース]]で、DNAは2'位の[[水酸基]]が水素で置換された2'-[[デオキシリボース]]である点にある。このため、DNAではリボースがC2'-エンド型構造を取るが、RNAでは2'位のヒドロキシ基の存在により立体障害が生じ、リボースがC3'-エンド型構造を取る。これに伴って、DNAはB型らせん構造を取りやすく、RNAは[[A-DNA|A型らせん]]構造を取りやすくなるという違いが生じる。この結果RNAのらせん構造はメジャーグルーブが深く狭くなり、マイナーグルーブが浅く広くなる。らせん構造についての詳細は、記事[[二重らせん]]に詳しいものが載っている。
 
RNAは、DNAと比較すると、RNAは一般に不安定である。RNAに存在する2'位水酸基の酸素には[[孤立電子対]]が2つあるため、例えば、塩基性条件下、隣接したリン酸は水酸基から[[求核攻撃]]を受け、[[ホスホジエステル結合]]が切れ、主鎖が開裂するなどDNAと比べて不安定である。この特性から、翻訳の役割を終えたmRNAを直ちに分解することが可能になる(バクテリアでは数分、動物細胞でも数時間後には分解される)。[[安定RNA]]では1本鎖に水素結合を形成し、らせん構造となるなど、多様な二次構造、三次構造を取り、安定性を増している。<!--(安定RNAの具体的な構造および安定RNAとmRNA以外のRNAはどうなのか一言お願いします。)-->
 
構成する塩基にも違いがあり、一般に、DNAはA、C、G、Tであるが、RNAではDNAのTのわりにUであが使われている。ただし、DNA上にもUが稀に生じることは稀にあり、また塩基にTではなくUを用いDNAを持つ生物も存在する([[U-DNA]]参照)。圧倒的しかし大多数の生物でDNAの構成塩基としてUではなくのかわりにTが用いられてい理由は、Cが自然に脱アミノ化することでによって自然にCがUに置き換わ変異することがあるので、塩基配列を維持するために損傷して本来のままのUと変異変化しより生じCと元来Uである残基する必要があるかできなければなない(これは1本鎖のRNAでは不可能であるDNAで用いられている塩基Tの分子塩基Uの5位の水素がメチル基置換された構造をしている。またCからは容易TがU生じ自然に変わることは容易には起こらいので、Cの損傷によって変異で生じたU容易にできる。以上よりのことから、DNAではUではなくの代わりにTを用いる方が有利であったと考えられる。
 
=== 物理化学的性質の相違 ===
匿名利用者