「ヤン・ヤンセ・ウェルテフレー」の版間の差分

m
 
==略歴==
ウェルテフレーは1595年ごろに生まれた。出生地は、ハメルによると{{仮リンク|デ・レイプ|en|De Rijp}}、他の情報源によると[[フラールディンゲン]]である。彼は'Hollandia'という船に契約して雇われ、1626年3月17日[[オランダ領東インド]]へ発った。そこでは、彼は1627年に[[バタヴィア]](現在の[[ジャカルタ]])から'Ouwerkerck'という船で到着した。1627年7月16日、オランダの[[私掠船]]Ouwerkerckは、[[明|中国]]の[[アモイ]]港で係留されていた中国の[[ジャンク船]]を[[拿捕]]し、その乗組員150人を奴隷として売る目的で[[捕虜]]にした。70人の中国人はOuwerkerckに乗せられた。船の[[航海士]]ヤン・ヤンセ・ウェルテフレーと、オランダのデ・レイプから来たDirk Gijsbertsz、[[アムステルダム]]から来たJan Pieterse Verbaestは、13人の他のオランダの乗組員と一緒にジャンク船に乗り、[[フォルモサ]]の[[台南]]へ航海した。激しい夏の嵐に見舞われて、Ouwerkerckだけが安全な港に入港した<ref name=koreanhistoryproject>{{cite web |url=http://www.koreanhistoryproject.org/Ket/C14/E1402.htm |title=A Dutch Privateer in Joseon |publisher=Koreanhistoryproject.org |accessdate=February 16, 2012 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20120210192557/http://www.koreanhistoryproject.org/Ket/C14/E1402.htm |archivedate=2012年2月10日 |deadurldate=2017年9月 }}</ref>。
 
嵐に翻弄された中国のジャンク船は、不運な中国人とオランダ人乗組員を乗せて、朝鮮の西海岸沖の島の海岸に接近し、給水のために沿岸に近づいた。次に起こった事の詳細は不明だが、中国人は、5対1の人数の多さでオランダ人の生存者を圧倒し、ウェルテフレー、Dirk Gijsbertsz、Jan Verbaestを捕えて、朝鮮当局に彼らを引き渡した<ref name=koreanhistoryproject/>。