「宇部興産専用道路」の版間の差分

m
出典の外部リンク修正。URL変更のため。
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (出典の外部リンク修正。URL変更のため。)
後述のように、かつてこれらの輸送には[[日本国有鉄道]](現在の[[西日本旅客鉄道|JR西日本]])[[美祢線]]の[[貨物列車]]を利用していたが、昭和中期から後期にかけての国鉄の度重なる貨物運賃値上げや、[[労働組合]]運動激化による[[スト権スト]]頻発により、拠点間輸送の効率化と安定化の必要に迫られた結果として、道路建設された経緯がある。
 
完全に隔離された[[私有地]]のため、[[公道]]に適用される道路交通法などの制限は受けないが、専用道路内を運転するには、私有地の所有者である宇部興産の許可が必要である。作業者は社内審査と講習を受けて、運転資格を取得する事が義務付けられており、制限速度70&nbsp;[[キロメートル毎時|km/h]]を始めとする社内ルールが細部まで厳格に設定されている<ref>{{Cite web|url=httphttps://www.ube-ind.co.jp/ube/jp/corporateir/personal/ube_road.html?id=side_menu_about-43|title=宇部興産専用道路|author=宇部興産 |accessdate=2016-02-24}}</ref>。
 
経路の途中では[[中国自動車道]]と並行して走り、[[国道2号]]の下をくぐり抜けて、[[山陽新幹線]]の上を跨いだりしながら[[宇部港]]の宇部セメント工場まで続いている{{sfn|浅井建爾|2015|p=30}}。宇部港では、橋長1,020&nbsp;mの[[#興産大橋|興産大橋]]で海を渡る{{sfn|浅井建爾|2015|p=30}}。宇部市大字小串で一般道路と平面交差しており、一般道の交通遮断と誤進入防止のために、[[鉄道]]の[[踏切警報機]]が設けられている。この[[踏切]]は、過去に『[[ダウトをさがせ!#ダウトをさがせR|ダウトをさがせR]]』([[TBSテレビ|TBS]]系)や『[[ナニコレ珍百景]]』([[テレビ朝日]]系)などのテレビ番組で紹介されたこともある。