「クルト・ラスヴィッツ」の版間の差分

m
(→‎作品: 綴りの訂正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
彼の社会批判的な文書は、[[ナチス]]によって禁書となった後、大部分が忘れ去られた。ドイツSFの父としての彼の地位は、結果的には、彼の教え子であったハンス・ドミニクに引き継がれた。
 
彼の名を冠した[[クルト・ラスヴィッツ賞]]([[:de:Kurd-Laßwitz-Preis|Kurd-Laßwitz-Preis]])が1980年に創設された。これは、アメリカの[[ネビュラ賞]]に倣った形式で、ドイツ語圏のSFを対象にした賞である。
 
[[ハンス=エミール・シュスター]]が1977年に[[ヨーロッパ南天天文台]]で発見した[[小惑星]](46514番)は、彼にちなんでラスヴィッツ(Lasswitz)と命名された。