「亜硫酸」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
 
結晶構造およびラマンスペクトル<ref>Simon, A.; Kriegsmann, H. (1956). ''Chem. Ber.'' '''89''': 2442.</ref><ref>Littlejohnm D.; Walton, S. A.; Chang, S.-G.; (1992). ''Appl. Spectroscopy'' '''46''': 848.</ref>から、亜硫酸水素イオンには水素原子が硫黄原子についた構造 ({{chem|H−SO|3|-}})と水素が酸素原子についた構造({{chem|HO-SO|2|-}})の異性体が存在し、溶液中では相互変換により両者の比率が温度に依存して変化することが明らかとなっている。
 
強力な[[酸化剤]]を使用して亜硫酸塩をテストする。例えば、[[過マンガン酸カリウム]]を使用することができる。亜硫酸塩がある場合、それは紫色から無色に変わります。
 
== 脚注 ==
11

回編集