「栄養繁殖」の版間の差分

修正
(修正)
 
== 栄養繁殖器官とその例 ==
=== 茎([[地下茎]])に由来 ===
; 鱗茎(りんけい、scaly bulb, bulb)
: 短い地下茎に、栄養分を貯めた葉が密生したもの。[[園芸#花卉生産園芸|園芸]]でいう「球根」の多くは鱗茎である。 例:[[タマネギ]]、[[ニンニク]]、[[ユリ]]など[[ユリ科]]植物
 
; 塊茎(かいけい、tuber)
: 伸びた[[地下茎]]の先端が栄養分を溜め肥大したもの。  例:[[ジャガイモ]]、[[シクラメン]]
 
; 球茎(きゅうけい、corm, soid corm)
=== 根に由来 ===
; 塊根(かいこん、tuberous root, root tuber)
: 根が栄養分を溜め肥大したもの。  例:[[サツマイモ]]、[[ヤマイモ]]
 
=== その他 ===
; 葉(は、leaf)
: 一部の植物では、葉の周辺部から植物体ができる。 例:[[カランコエ]]
 
 
; 担根体(たんこんたい)
: 根でも茎でもない、ヤマノイモ属に特有の器官。 例:[[ヤマイモ]]などヤムイモ類。
 
; [[球根]](きゅうこん、bulb)
: 球形をした塊茎・球茎・鱗茎・塊根・根茎・担根体の総称(園芸用語)
 
== 園芸で用いる栄養繁殖 ==
野菜(蔬菜)・果樹・花(花卉)の[[園芸]]各分野や、ガーデニング(家庭園芸)で栄養繁殖による増殖が広く行われている。
前記の栄養繁殖器官を種苗として用いるほかにも、[[挿し木]]([[葉挿し]]を含む)、[[取り木]]、[[茎伏せ]]、[[株分け]]などの手法がある。また、[[1980年]]代から、[[組織培養]]によって作成された[[クローン]]苗も一部では利用されている。
 
[[接ぎ木]]は人為的に[[キメラ]]植物を作る技術であるが、[[果樹]]など[[種子]]での増殖が難しい[[木本]]植物の増殖にも用いられる。このような木本植物の[[接ぎ木]]は、一種の人為的な栄養繁殖と捉えることができる。
156

回編集