「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」の版間の差分

m
Unicodeの制御文字
(Aliwerof (会話) による ID:76904863 の版を取り消し あらすじの節に同様のことが書いてあるので不要)
タグ: 取り消し
m (Unicodeの制御文字)
 
;有馬 たくや(ありま たくや)
:声:[[檜山修之]] / [[千葉進歩]] / [[林勇 (声優)|林勇]]、[[中野さいま]](テレビアニメ版・幼少期<ref>{{Twitter status2|saima_nakano|1149895959565881345|4=中野さいま@saima_nakano、2019年7月12日21:18のツイート|accessdate=2019-07-21}}</ref>)
:本編の主人公。境町学園3年C組所属の青年。幼い頃、実母の恵子を[[病気]]で亡くす(実際は[[自殺]])。母の愛を十分に享受することが叶わなかった為、特に意識はしていないが心の奥底で母との触れあいを求めており、時々恵子の夢を見る。父である広大も2ヶ月前、落石に巻き込まれ他界。
:一見冷淡な性格をしており広大の訃報にも特別な感情を抱かないようなことを語っているが、実際は憎まれ口を叩きながらも父のことを深く愛しており広大の訃報を機に生活は乱れ部活動をやめ、父を侮辱する教師を殴ってもいる。一人自室で広大の死を嘆き悲しむ亜由美の姿を目撃しており、関係に変化が生じている。