「京成バス新都心営業所」の版間の差分

m
Unicodeの制御文字
m (Unicodeの制御文字)
**2019年には、3月29日にZOZOマリンスタジアムで開催された2019年度公式戦開幕戦より、海浜幕張駅の降車場が北口バスターミナルからプレナ幕張停留所に変更となった他、4月9日より、幕張本郷駅発着便の応援も開始された。また、試合終了後の運行終了時間が変更となり、特に海浜幕張駅行は試合展開により試合終了前にバスの運行が終了する可能性が生まれた<ref>{{Cite web|title=2019年度「ZOZOマリンスタジアム」プロ野球輸送について|お知らせ|京成バス|url=http://www.keiseibus.co.jp/info/news_detail.html?num_c=1903221011268297&t_name=info_t|website=www.keiseibus.co.jp|accessdate=2019-11-10}}</ref>。基本的には、京成バス新都心営業所が幕張本郷駅-(直通)-ZOZOマリンスタジアムを運行し、京成バス他営業所および京成グループ各社が海浜幕張駅便を運行しているが、稀に新都心営業所が海浜幕張駅便に投入される。
**2019年9月22日〜24日の3連戦には、シーズン最終戦であると同時に、地元出身の[[福浦和也]]選手の引退試合もあり、新都心営業所と習志野出張所所属のマリーンズラッピングバスに福浦のユニフォームをモチーフとしたバスマスクが装着され、方向幕には「ありがとう福浦選手!」の文字が表記された(※連節バスは方向幕のみ)。
**2020年シーズンは、新型コロナウィルスの感染拡大による影響で開催が大きく遅れ、7月10日の対埼玉西武ライオンズ戦より運行を開始した。感染防止の為、京成バスの従業員が乗客一人一人の手にアルコール消毒するなどの対策を徹底し、定員も1台につき40人までとした<ref>{{Cite web|title=関東唯一の開催地ZOZOマリン、京成バスもコロナ対策徹底 - SANSPO.COM(2020年7月10日掲載)|url= http://www.sanspo.com/baseball/news/20200710/mar20071018540003-n1.html‬html |accessdate=2020-7-14}}</ref>。
 
=== 習志野市ハッピーバス ===