「スズキ・ジムニー」の版間の差分

m
Unicodeの制御文字 、中身のないタグ
m (Unicodeの制御文字 、中身のないタグ)
[[1989年]]11月、軽ジムニー初の特別仕様車「ワイルドウインドリミテッド」(1,000台限定)発表。
 
<gallery>
 
 
</gallery>
{{-}}
;JA51 ジムニー1300
1998年10月、販売終了。
 
<gallery>
 
</gallery>
{{-}}
2代目の販売台数は累計155万台<ref>デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第50号3ページより。</ref>。
[[インド]]ではスズキの子会社である'''[[マルチ・スズキ・インディア]]'''が「ジプシー」([[:en:Maruti Gypsy|Maruti Gypsy]]) という名称で、最初は日本でいうSJ40系に相当するモデル (SJ410) を、後にJA51系に相当するモデル (SJ413 / 413W) を [[ノックダウン生産]]している。
 
日本ではピックアップ以外では販売されなかったホイールベース2,375mmのロングが中心で、2WDモデルも多く販売されているが、ピックアップは生産されていない。現在は4WD/2WDともにロングのみで、パワートレインは、G13BB 型 [[燃料噴射装置|M​​PFIMPFI]] [[マルチバルブ|16バルブ]]ガソリンエンジンに、5[[マニュアルトランスミッション|MT]]+[[副変速機]]付き[[トランスファー]](4WD)の組み合わせとなっている。現地[[コーチビルダー]]による多くの派生ボディが存在し、4ドアワゴンも存在する。
 
SJ410 で鋼板の縦スリットであったフロントグリルは、SJ413 では JA11 系のものになっている。また、インドで生産した SJ410 を「SUZUKI STOCKMAN 4WD」として、オーストラリアへ輸出していた。