「ヴァイシェーシカ学派」の版間の差分

編集の要約なし
m (Category:論理学を追加 (HotCat使用))
 
{{Hinduism}}
'''ヴァイシェーシカ学派'''(ヴァイシェーシカがくは)はダルシャナ([[インド哲学]], darśana)の学派である現代では[[六派哲学]](ṣad darśana)の1つに数えられる<ref name="ブリタニカ">{{cite web| publisher= ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典| title = 六派哲学| url = https://kotobank.jp/word/六派哲学-153104#E3.83.96.E3.83.AA.E3.82.BF.E3.83.8B.E3.82.AB.E5.9B.BD.E9.9A.9B.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.20.E5.B0.8F.E9.A0.85.E7.9B.AE.E4.BA.8B.E5.85.B8| accessdate = 2020-08-23}}</ref>。[[カナーダ]]が書いたとされる『[[ヴァイシェーシカ・スートラ]]』を根本経典とする。一種の[[自然哲学]]と見なされることもある。
 
『ヴァイシェーシカ・スートラ』では、全存在を6種のカテゴリーから説明する。言葉は実在に対応しており、カテゴリーは思惟の形式ではなく客観的なものであるとする。
;内属 (samavāya)
:不可分でありながら別個の実在となっているもの同士の関係である。糸と布は内属の関係にある。
== 脚注 ==
<references />
 
{{インド哲学}}
{{Hinduism2}}
340

回編集