「長尾達生」の版間の差分

編集の要約なし
政界では、[[後藤寺町]]会議員、福岡県会議員、同参事会員を務めた<ref name=gi/><ref name=ji14/>。[[1946年]]4月、[[第22回衆議院議員総選挙]]おいて福岡県第二区で[[日本進歩党]]から出馬して当選<ref name=gi/>。その後、[[第24回衆議院議員総選挙|第24回総選挙]]まで[[福岡県第4区 (中選挙区)|福岡県第四区]]から出馬して当選し、衆議院議員を連続三期務めた<ref name=gi/>。この間、日本進歩党常議員会長、同総務委員、[[民主党 (日本 1947-1950)|民主党]]議員総会長、[[民主自由党 (日本)|民主自由党]]代議士会長、同常任総務などを務めた<ref name=gi/>。
 
[[炭鉱国管疑獄]]により国会で[[証人喚問]]され、のち逮捕された。[[1952年]]6月19日、[[東京地方裁判所]]で、懲役一年二ヶ月、執行猶予二年の判決を受けた<ref>『戦後政治裁判史録 1』341、353頁。</ref>。その後、控訴して争ったが、二審の審理途中で控訴を取り下げ一審判決が確定した<ref>『戦後政治裁判史録 1』353-354頁。</ref>。
 
==脚注==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
*衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。