「輝く日の宮」の版間の差分

(定義文修正)
 
*光源氏と[[六条御息所]]とのなれそめ
*[[朝顔 (源氏物語)|朝顔の斎院]]がはじめて登場する部分
その他、「五節の君」のような「帚木」以降の巻において初めての登場であるにもかかわらず以前に登場したことがあるかのような記述のある人物が何人おり、それらの人物についての記述もあったのでないかとされる。
 
==この巻が存在したとされる根拠==