「利用者:Gisel/sandbox」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
バセットクラリネットは、AまたはB♭チューニングのクラリネット(非常にまれにGまたはCでも)で、その範囲は通常のクラリネット(ソプラノクラリネット)よりも3分の1低く、C3に表記されています。 通常のクラリネットにはない最低音のC、Cシャープ、D、E♭をバセット音と呼びます。 これらのトーンは、バセットホーンのサウンドを連想させるサウンドを生成します。 ピッチ範囲全体はC3からD7に表記され、AまたはBのチューニングでA2からB6またはB2からC7までの音で鳴るので、4オクターブ+ 1トーンのソプラノクラリネットとは対照的に、4オクターブ+ 1トーンで構成されます 。
{{{short description|Woodwind musical instrument}}
 
The '''basset clarinet''' is a clarinet in A or B{{music|flat}} tuning (very rarely also in G or C), the range of which is a major third lower than that of the normal clarinet (soprano clarinet), written down to C3. The lowest notes C, C sharp, D and E{{music|flat}}, that do not exist on the normal clarinet, are called the basset notes. These tones produce a sound that is reminiscent of that of a [[basset horn]]. The entire pitch range is notated from C3 to the D7, sounding in the tuning in A or B from A2 to B6 or from B2 up to C7, thus comprises four octaves plus one tone in contrast to the soprano clarinet with four octaves minus one tone.<ref>{{Cite book|last=Rice|first=Albert R.|title=Instrumental odyssey: a tribute to Herbert Heyde|publisher=Pendragon Press|year=2016|isbn=978-1-57647-252-1|editor-last=Libin|editor-first=L.|location=Hillsdale, New York|pages=157–178|chapter=The Basset Clarinet: Instruments, Makers, and Patents|oclc=932302591|access-date=2020-02-22|chapter-url=https://www.academia.edu/26305151}}</ref>
75

回編集