「ペガサスワールドカップ」の版間の差分

編集の要約なし
'''ペガサスワールドカップ インヴィティショナル ステークス'''(''{{Lang|en|Pegasus World Cup}}'' ''invitational stakes'')は、2017年より[[アメリカ合衆国]][[フロリダ州]]の[[ガルフストリームパーク競馬場]]で施行されている[[競馬]][[平地競走]]である。
 
== 概要 ==
{{要出典範囲|date=2020年8月|2016年5月11日、ストロナックグループは総賞金1,200万ドルと世界最高賞金額となる本競走を2017年1月28日にガルフストリームパーク競馬場で開催すると発表した}}
 
{{要出典範囲|date=2020年8月|出走頭数は12頭に限定され、出走馬の関係者は本競走の出走枠を得るために100万ドルを支払う}}
 
出走枠を得た登録馬の馬主はその馬を参戦させること、リースすること、契約を結ぶこと、共同所有することが可能である。また出走枠の売却もできる。最初の段階での登録馬は、将来のペガサスワールドカップへ出走する選択権を優先的に与えられる<ref>[http://www.jairs.jp/contents/newsprot/2016/20/3.html ストロナックグループ、世界最高賞金のレースを開催予定(アメリカ)] ジャパンスタッドブックインターナショナル、2016年8月4日閲覧</ref>。
 
{{要出典範囲|date=2020年8月|同年7月22日、[[アメリカグレードステークス委員会]]はG1に格付けすると発表した}}{{要出典範囲|date=2020年8月|2016年までガルフストリームパーク競馬場で開催の[[ドンハンデキャップ]]をリニューアルする形で新設される事から、本競走をG1格付けにすることを投票で決定した}}
 
2019年からは'''[[ペガサスワールドカップターフ]]'''の新設・同レースとの同時開催に伴い、総賞金額と出走料もそれぞれ900万ドル、50万ドルに変更となる<ref>[http://www.jairs.jp/contents/newsprot/2018/36/1.html ペガサスワールドカップデーに芝レース追加(アメリカ)] ジャパンスタッドブックインターナショナル、2018年9月20日公開、2018年9月25日閲覧</ref>。
 
{{要出典範囲|date=2020年8月|2020年からは登録料制度が廃止されるとともに総賞金額も300万ドルに減額される}}
 
出走条件は4歳以上、競走距離はダート9ハロン(約1800m)となる<ref>[http://www.jairs.jp/contents/newsprot/2016/31/3.html ペガサスワールドカップ、G1レースと格付けられる(アメリカ)] ジャパンスタッドブックインターナショナル、2016年8月4日閲覧</ref>。
!回数!!施行日!!優勝馬!!性齢!!タイム!!優勝騎手!!管理調教師!!馬主
|-
|style="text-align:center"|第1回||[[2017年]][[1月28日]]||[[アロゲート|Arrogate]]||牡4||1:46.83||[[マイク・スミス|M.Smith]]||[[ボブ・バファート|B.Baffert]]||[[ジュドモントファーム|Juddmonte Farms Inc]]
|-
|style="text-align:center"|第2回||[[2018年]][[1月27日]]||[[ガンランナー|Gun Runner]]||牡5||1:47.41||[[フローレン・ジェルー|F.Geroux]]||[[スティーヴン・アスムッセン|S.Asmussen]]||Winchell Thoroughbreds LLC & [[スリーチムニーズファーム|Three Chimneys Farm]]
|-
|style="text-align:center"|第3回||[[2019年]][[1月26日]]||[[シティオブライト|City of Light]]||牡5||1:47.71||[[ハビエル・カステリャーノ|J.Castellano]]||M.McCarthy||Mr & Mrs W.Warren Jr
|-
|style="text-align:center"|第4回||[[2020年]][[1月25日]]||[[ムーチョグスト|Mucho Gusto]]||牡4||1:48.85||[[イラッド・オルティス・ジュニア|I.Ortiz Jr]]||[[ボブ・バファート|B.Baffert]]||HRH Prince Faisal Bin Khaled
|}
 
匿名利用者