「サトノアラジン」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 経歴 ==
=== 2歳時(2013年) ===
 
=== 3歳時(2014年) ===
 
=== 4歳時(2015年) ===
=== 5歳時(2016年) ===
=== 6歳時(2017年) ===
初戦の京王杯スプリングカップは1番人気に推されたが9着に惨敗する<ref>[http://www.hochi.co.jp/horserace/20170513-OHT1T50179.html 【京王杯スプリングC】レッドファルクス、貫禄V!安田記念優先出走権獲得]スポーツ報知、2017年6月4日閲覧</ref>。6月の安田記念は中団からやや後方でレースを進めると直線で外から一気に脚を伸ばして、逃げ粘る[[ロゴタイプ (競走馬)|ロゴタイプ]]をゴール前で捕らえて勝利し、GI初制覇を果たした<ref>[http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=122587 サトノアラジンが差し切り悲願のGI初制覇!/安田記念]netkeiba.com、2017年6月4日閲覧</ref>。秋に入り、10月8日の[[毎日王冠]]は後方から追い込んできたが[[リアルスティール]]のクビ差2着となる<ref>[http://www.hochi.co.jp/horserace/20171008-OHT1T50169.html 【毎日王冠】リアルスティール、差し切りV!Mデムーロ騎手「すごい切れ」]スポーツ報知、2017年12月10日閲覧</ref>。続く[[天皇賞・秋]]は不良馬場に泣き18着<ref>[http://www.hochi.co.jp/horserace/20171029-OHT1T50123.html 【天皇賞・秋】5番人気サトノアラジンは不良馬場に泣き最下位18着]スポーツ報知、2017年12月10日閲覧</ref>、[[マイルチャンピオンシップ]]でも12着に終わる。引退レースとなった12月の[[香港マイル]]は後方追走から捲り気味に進出するも直線で失速し11着と惨敗した<ref>[https://www.keibalab.jp/topics/34848/ 【香港マイル】地元ビューティージェネレーションが逃げ切りでG1初制覇!]競馬ラボ、2017年12月10日閲覧</ref>。翌2018年1月5日付で競走馬登録を抹消<ref>[http://www.jra.go.jp/news/201801/010505.html サトノアラジン号が競走馬登録抹消]日本中央競馬会、2018年1月5日閲覧</ref>、引退後は[[社台スタリオンステーション]]で種牡馬入りする<ref>[http://uma-furusato.com/news/detail/_id_91728 社台スタリオンステーションにサトノアラジンがスタッドイン]競走馬のふるさと案内所、2017年12月20日閲覧</ref>。
==脚注==
===注釈===
{{Reflist|group="注"}}
===出典===
<references />
 
== 外部リンク ==
* {{競走馬成績|netkeiba=2011104063|yahoo=2011104063|jbis=0001137571}}
 
{{DEFAULTSORT:さとのあらしん}}
 
{{安田記念勝ち馬}}
{{Keiba-stub}}
 
[[Category:2011年生 (競走馬)|日さとのあらしん]]
[[Category:サラブレッド]]
匿名利用者