「カラコンティ」の版間の差分

編集の要約なし
{{MedalGI|[[ブリーダーズカップ・マイル]]|2014年}}
}}
'''カラコンティ'''({{lang-en-short|Karakontie}})は、[[日本]]生産、[[フランス]]調教の[[競走馬]]。主な勝ち鞍に[[2013年]]の[[ジャン・リュック・ラガルデール賞]](GI)、[[2014年]]の[[プール・デッセ・デ・プーラン]](GI)、[[ブリーダーズカップ・マイル]](GI)がある。
 
==戦績==
=== デビュー前 ===
{{要出典範囲|date=2020年8月|アメリカの種牡馬[[バーンスタイン (競走馬)|Bernstein]]の産駒を受胎したサンイズアップが、日本で繋養されている[[バゴ (競走馬)|バゴ]]と交配するために白老ファームに移動して出産したのが本馬である}}
=== 2歳(2013年) ===
7月1日コンピエーニュ競馬場の2歳一般戦で[[ステファン・パスキエ]]とのコンビでデビューし、初勝利を挙げる。2戦目のフランソワブータン賞は惜しくも2着だったが、[[オリビエ・ペリエ]]に乗り替わったロシェット賞を制し重賞初制覇を果たす。パスキエとのコンビに戻ったジャン・リュック・ラガルデール賞では好位追走から直線で逃げ粘るヌーゾーカナリアスをゴール直前でかわしG1競走初制覇を果たした<ref>[http://www.jairs.jp/sp/contents/newsprot/2013/44/2.html 日本産馬カラコンティ、ジャンリュックラガルデール賞を優勝(フランス)] ジャパンスタッドブックインターナショナル 2013年10月31日公開 2018年8月7日閲覧</ref>。
匿名利用者