「TC-2 (ミサイル)」の版間の差分

内部リンク追加
(内部リンク追加)
[[File:TC-2 Sky Sword II.jpg|thumb|350px|right]]
「'''天剣2型(TC-2)'''アクティブ・レーダー誘導空対空ミサイル」(TC-2)は、[[台湾]]の[[国家中山科学研究院|中山科学研究院]]が開発した中距離[[空対空ミサイル]]である。このミサイルの存在が明らかになったのは、[[1988年]]のIDF(Indigenous Defensive Fighter) 「[[F-CK-1 (航空機)|経国]]」戦闘機の初公開式典であった。この時、「経国」の胴体中央部に搭載されていたミサイルが「天剣2型」であった。
 
== 開発経緯 ==