「畠山政国」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
 
__TOC__{{-}}
== 生涯 ==
畠山氏は[[室町幕府]][[管領|三管領]]のひとつであり、政国はその嫡流筋である。しかし、幕政においては祖父[[畠山政長]][[細川政元]]に自害に追い込まれてより幕府参画の機会を失った上、嫡流の座をめぐって総州家と尾州家に分裂。尾州家有利といえども分裂状態は政国の代になってもなお解消されず、[[下剋上]]さえも起きる戦国時代にあって、守護の実権をめぐって重臣の権力争いに悩まされていた。
 
天文14年([[1545年]])に兄の稙長が死去すると重臣の[[遊佐長教]]に当主として擁立されたが、兄が[[室町幕府]]の権力者[[細川晴元]]に反乱を起こした[[細川氏綱]]に加担していたため、幕府から当主として認められず代わりに畠山四郎なる人物が擁立された(しかし、家臣の支持を得られずすぐに排除された)。長教ら家臣団は幕府の介入排除のため政国擁立と氏綱援助を継続したが、政国は当主ではなく当主名代と認識されていた。