「拱手」の版間の差分

1,667 バイト追加 、 8 か月前
m
zh:揖禮から一部翻訳
(ページ「揖禮」の翻訳により作成)
タグ: コンテンツ翻訳 カテゴリを含まない記事の作成 参考文献(出典)に関する節がない記事の作成 コンテンツ翻訳バージョン2
 
m (zh:揖禮から一部翻訳)
一般的には、男性は左手で右手を包むようにするが、女性は逆の所作となる。葬儀のような凶事の場合は左右が逆になる。敬意を表す側、表される側の双方の関係によっては、お辞儀などの身振りを加えたり、時には前後に揺れ動いて特別な意味を表すこともある。
 
拱手の習慣は中国・[[周]]の時代にさかのぼることができる。伝統的には、親しい者同士が会った時や、武人が対決する前に互いに拱手をして敬意を表する時などに使用した。節句の日や祝賀の儀式のときは、拱手しながらお祝いの言葉を述べるのが一般的である。
 
[[2003年]]に[[重症急性呼吸器症候群|SARS]]の流行が発生した後、[[台湾]]の[[中華民国]]行政院衛生署(現在の衛生福利部)は感染症の拡大を防止するために、「握手の代わりに拱手を」運動を推し進めた。具体的には礼儀の作法として、 直接相手の手に触れない拱手を握手の代わりに用いることを市民に奨励した。
 
== 所作や姿勢による分類 ==
 
'''文武拳'''
 
為功夫相關場合或武人比武前所行的揖禮,行禮時左脚先上前一步,右腳跟上。在外的手平伸,除拇指外伸直,拇指微曲,是為文;在內的手握拳,是為武。平伸的手掌緊貼握拳的手拳面。手心向外前推,然後自然垂手。
 
[[中国武術]]に関する場合や、武人が試合前に行う拱手は、礼をする際に左足を一歩前に出し、右足は踵だけを床につける。外側になる手指は親指以外まっすぐに伸ばし、親指は少し曲げておく。これは「文」を表す。内側の手は握ってこぶしとし、これは「武」を表す。まっすぐ伸びた外側の手のひらを、握っている内側の拳の表面に密着させる。手のひらを外側に押し出し、その後自然に両手を下す。
 
== 敬意の表し方による分類 ==