「拱手」の版間の差分

m
→‎所作や姿勢による分類: 元の中国語が入り込んだので消します
m (zh:揖禮から一部翻訳)
m (→‎所作や姿勢による分類: 元の中国語が入り込んだので消します)
 
'''文武拳'''
 
為功夫相關場合或武人比武前所行的揖禮,行禮時左脚先上前一步,右腳跟上。在外的手平伸,除拇指外伸直,拇指微曲,是為文;在內的手握拳,是為武。平伸的手掌緊貼握拳的手拳面。手心向外前推,然後自然垂手。
 
[[中国武術]]に関する場合や、武人が試合前に行う拱手は、礼をする際に左足を一歩前に出し、右足は踵だけを床につける。外側になる手指は親指以外まっすぐに伸ばし、親指は少し曲げておく。これは「文」を表す。内側の手は握ってこぶしとし、これは「武」を表す。まっすぐ伸びた外側の手のひらを、握っている内側の拳の表面に密着させる。手のひらを外側に押し出し、その後自然に両手を下す。