「パーセント」の版間の差分

WP:JPE#単位。スペーシングほか。
(→‎計算式: 初出「パーセンテージ」を削除。「現在の」と「%」を削除。)
(WP:JPE#単位。スペーシングほか。)
 
== 用例 ==
例えば、ある会社のその年の売上高が、前年の100億円から120億円に増加したとき、「売上高が前年から20 %増加」などと表記する。パーセントは100を越えることもあり、「今年の売上高は前年比120 %」と表記しても良い。
 
しかし、「支持率が50 %から10 %増加して60 %になった」などという表現は誤用である。50 %から10 %の増加であれば、
0.50 + (0.50×0.10) = 0.55 = 55 %だからである。正しくは「支持率が50 %から10パーセントポイント増加して60 %になった」と表記する。なお、「パーセントポイント」は単に「ポイント」と言われることも多く、日本では「パーセントポイント」と言われることは稀である。
 
なお、パーセントポイントの100分の1は[[ベーシスポイント]](bp)と呼ばれ、金融分野で金利スプレッドや利上げ・利下げ幅などの表示にしばしば用いられる(例えば金利が0.1 %から0.15 %に上がった場合は「5bp5 [[ベーシスポイント|bp]]の利上げ」のように表現する)。
 
[[道路]]の傾き([[線形 (路線)#勾配|勾配]])を示す場合にも用いる。水平方向に100m100 [[メートル|m]]進むと5m5 m上がる(又は下がる)坂道の勾配は5 %である。ちなみに、道路ではパーセント(百分率)を用いる([[日本の道路標識#警戒標識]]の「上り急勾配あり (212の3)」など)のに対して、鉄道では[[パーミル]](千分率、‰)が用いられる(5 %の代わりに50‰50 [[パーミル|‰]]を用いる)。
 
== 計算式 ==