「エドマンド・スペンサー」の版間の差分

m
編集の要約なし
少年期、[[ロンドン]]のマーチャント・テイラーズ・スクール([[:en:Merchant Taylors' School, Northwood|en:Merchant Taylors' School]])で学んだスペンサーは、[[ケンブリッジ大学]][[ペンブルック・カレッジ]]に奨学生として入学を許可された<ref>[http://www.english.cam.ac.uk/spenser/biography.htm The Edmund Spenser Home Page: Biography<!-- Bot generated title -->]</ref>。
 
1570年代、スペンサーはアイルランドに行くが、おそらく新しく赴任した[[アイルランド総督 (ロード・デピュティ)|アイルランド総督(Lord Deputy of Ireland)]]アーサー・グレイ([[:en:Arthur Grey, 14th Baron Grey de Wilton|en:Arthur Grey]])に仕えていたものと思われる。1579年から1580年に起こった二度目の[[デズモンドの反乱]]([[:en:Second Desmond Rebellion|en:Second Desmond Rebellion]])では、スペンサーはイングランド軍に加わって戦った。反乱の制圧後、テューダー朝のアイルランド再征服([[:en:Tudor re-conquest of Ireland|en:Tudor re-conquest of Ireland]])があり、スペンサーはマンスター植民([[:en:Plantations of Ireland#The Munster Plantatio|en:The Munster Plantatio]])で没収された[[コーク]]の土地を与えられた。同じ地域には[[ウォルター・ローリー]]もいた。
 
スペンサーは自作の詩で宮廷での地位を得ることを希望し『妖精の女王』を届けようと、ローリーに同伴して宮廷を訪れた。しかし大胆にも女王の第一秘書バーリー男爵[[ウィリアム・セシル (初代バーリー男爵)|ウィリアム・セシル]]を敵に回したため、彼が作品の報償として得たのは[[1591年]]の年金だけだった。その[[叙事詩]]に対して100ポンドの報償が提案された時、バーリー男爵は「たかが歌一つにそこまでするのか!」と言った。<!--この箇所、英語版は正しいのでしょうか???-->
618,302

回編集