「ジェームズ・ボンド」の版間の差分

(文字訂正)
 
=== 日本 ===
日本では[[貸本劇画]]において人気を不動のものとした [[さいとう・たかを]] が、青年向けの総合誌『[[ボーイズライフ]]』に執筆した。これは彼が[[貸本]]から[[雑誌]]に活躍の場を移す転機となった。
 
[[1960年代]]に入ってから[[小説]]と[[映画]]で人気の出始めたイアン・フレミングの007シリーズを翻案した企画物。基本の設定や物語のアウトライン以外は大幅にアレンジされている。原作のタイトルは正確には「ダブルオーセブン」だが、この作品発表当時は公開された映画も含め「ゼロゼロセブン」と呼んでいた。[[石ノ森章太郎]](当時のペンネームは石森章太郎)の『[[サイボーグ009]]』、『[[00指令]](ゼロゼロしれい)』、複数の漫画家による連作漫画『[[00X]](ゼロゼロエックス)』もこの呼称がタイトルの元になっている。
匿名利用者