「シグナル伝達兼転写活性化因子」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎活性化: リンクの追加)
 
 
== 出典 ==
*谷口克、[[宮坂昌之]] 編『標準免疫学 第2版』医学書院 2002年 ISBN 4-260-10452-7
*[[今堀和友]]、[[山川民夫]] 編集 『生化学辞典 第4版』東京化学同人 2007年 ISBN 978-4-8079-0670-3
*[[笹月健彦]] 監訳『免疫生物学 原書第5版』南江堂 2003年 ISBN 4-524-23522-1