「ひかりごけ事件」の版間の差分

m
編集の要約なし
(反復・冗長表現の削除)
m
 
== 経緯 ==
[[太平洋戦争]]中の[[1943年]]12月、[[大日本帝国陸軍|日本陸軍]]の徴用船<!--「第五精神丸」の名は仮名である可能性があるためコメントアウト -->が7人の乗組員を乗せて船体の修理のため[[小樽市]]へ向かう途中、[[知床岬]]沖で[[時化|シケ]]に遇い遭難し座礁。
 
船員らは船から退避し、[[知床半島]]ペキンノ鼻に降り立ったが、真冬の北海道は雪と氷と吹雪に覆われた地域だった。徴用船の船長(29歳)は他の船員とはぐれたものの、一軒の小屋([[番屋]])にたどり着く。やがて船員のうち最年少の青年(18歳)1人も番屋に吹雪の中たどり着いた。さらに2人は近場にあった、もう一軒の番屋に移動し、しばらくその番屋で過ごすが、体力を消耗し食料もなく、18歳の船員は死亡。船長は彼の遺体を口にする。
422

回編集