「本多重次」の版間の差分

編集の要約なし
 
日本一短い手紙として有名な「'''一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ'''」の一文は、重次が[[天正]]3年([[1575年]])の[[長篠の戦い]]の陣中から妻にあてて書いた手紙である。この「お仙」は当時幼子であった嫡子・仙千代(成重)のことである。なお、手紙の原文は「一筆申す 火の用心 お仙痩さすな 馬肥やせ かしく」である<ref>{{Cite book|和書|author=磯田道史|authorlink=磯田道史|title=殿様の通信簿|year=2006|publisher=朝日新聞社}}</ref>。現在、丸岡城内には「一筆啓上碑」があり、福井県[[坂井市]](2005年に[[丸岡町]]、[[三国町]]、[[春江町]]、[[坂井町]]と合併して市制を敷く)では旧丸岡町時代の[[平成]]5年([[1993年]])から「日本で一番短い手紙」を募集している。
 
また重次は頑固で他人に厳しい人物と見られがちだが、この手紙は唯一の息子である仙千代を心配し、自らが留守中に家中を取り仕切る妻に「火事に気を付けるように、使用人への徹底を改めてするように、そして5人の子の内、男子は仙千代だけだから病気に気を付け、武士にとって戦場で命を預ける馬の世話を怠りなくせよ」と妻子を気遣う優しさが見え隠れしている<ref>{{Cite book|和書|author=楠戸義昭|title=戦国武将名言録|publisher=PHP研究所|year=2006|page=341}}</ref>。なお、後に仙千代は、[[豊臣秀吉]]への人質として秀吉の養子となった[[結城秀康]]の小姓として大坂に送られたが、その翌年に重次は仙千代と甥の源四郎(後の[[本多富正]])を無断で交代させた。重次の行動は、実子の安否と出世を懸念した(秀康は実父・家康に疎まれていたので先が危ぶまれていた)とも、不遇の兄の子を出仕させその出世を望んだとも解釈できるが、この行動が秀吉の怒りに触れ、重次は家康によって上総国古井戸(小糸)(現在の千葉県君津市)3,000石にて蟄居を命じられている。さらに、結城秀康が越前藩一国68万石を与えられると、源四郎こと富正は[[附家老]]として3万9千石を与えられた。当時、仙千代こと成重は幕臣として5,000石を与えられていたが、慶長18年(1613年)に、秀康の子・[[松平忠直]]の附家老として、越前丸岡4万石を与えられる。一説には、重次が送り込んだ甥の出世を見て、実子を福井藩にねじ込んだ(なので新参なのに石高が富正より少し高い)とも言われているが、秀康の越前移封よりも前に重次は死去しているのでこの話は成り立たない
 
== 脚注 ==
匿名利用者