「ウィリアム・フォーブス=センピル」の版間の差分

m
曖昧さ回避ページ空軍省へのリンクを解消、リンク先を空軍省 (イギリス)に変更(DisamAssist使用)
m (曖昧さ回避ページ空軍省へのリンクを解消、リンク先を空軍省 (イギリス)に変更(DisamAssist使用))
 
== 軍用および民間航空 ==
第一次世界大戦の勃発により、センピルは[[イギリス陸軍航空隊]]に加わり、1914年8月15日に試用期間の[[少尉]]に任命され<ref>{{London Gazette |issue=28876 |date=1914-08-21 |startpage=6596 |accessdate=2012-05-22 }}</ref>、4か月以内に正式に任命された<ref>{{London Gazette |issue=29001 |date=1914-12-09 |startpage=10552 |supp=x |accessdate=2012-05-22 }}</ref>。そうしているうちにセンピルは飛行任務に割り当てられた<ref>{{London Gazette |issue=29009 |date=1914-12-15 |startpage=10793 |supp=x |accessdate=2012-05-22 }}</ref>。翌年2月、{{仮リンク|中央飛行学校|en|Central Flying School}}で実験担当官の地位に就き<ref>{{London Gazette |issue=29079 |date=1915-02-19 |startpage=1822 |supp=x |accessdate=2012-05-22}}</ref>、4月に[[中尉]]に昇進した<ref>{{London Gazette |issue=29162 |date=1915-05-14 |startpage=4659 |accessdate=2012-05-22}}</ref>。その後4か月以内に[[大尉]]の仮階級で飛行指揮官に指名された<ref>{{London Gazette |issue=29267 |date=1915-08-17 |startpage=8240 |supp=x |accessdate=2012-05-22}}</ref>。1915年8月には教育任務を割り当てられた<ref>{{London Gazette |issue=29283 |date=1915-09-03 |startpage=8730 |accessdate=2012-05-22}}</ref>。しかし[[イギリス海軍航空隊]]での一時的な就役を承認されて<ref>{{London Gazette |issue=29434 |date=1916-01-11 |startpage=450 |accessdate=2012-05-22}}</ref><ref>{{cite web|url=http://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1966/1966%20-%200007.html|title=Obituary|publisher= Flight (flightglobal.com)| date=1966-01-06|page=3| accessdate = 2014-04-03}}</ref>、同年末に陸軍での役職を退任したため、センピルの中央飛行学校での時期は長く続かなかった<ref>{{London Gazette |issue=29466 |date=1916-02-04 |startpage=1471 |supp=x |accessdate=2012-05-22}}</ref>。センピルの急速な階級昇進は海軍でも続き、1916年末には飛行中隊指揮官に昇進した<ref>{{London Gazette |issue=29886 |date=1916-12-29 |startpage=13 |supp=x |accessdate=2012-05-23}}</ref>。1918年4月1日に、陸海軍の航空部隊が[[イギリス空軍]]に統合されたため、センピルも空軍に移り、大佐の仮階級でイギリス空軍人事部の副官の1人に任命された<ref>{{cite web|url=http://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1918/1918%20-%200383.html|title=The Royal Air Force|publisher= ''Flight'' (flightglobal.com)|date=1918-04-04|page= 379 | accessdate=2014-04-03}}</ref>。6月にはセンピルの{{仮リンク|空軍十字章 (イギリス)|en|Air Force Cross (United Kingdom)|label=空軍十字章}}受章が官報で公告された<ref>{{London Gazette |issue=30722 |date=1918-05-31 |startpage=6520 |supp=x |accessdate=2012-05-23 }}</ref>。センピルは[[空軍省 (イギリス)|空軍省]]に1918年10月8日まで務め、その後軍需省に一時的に転属した<ref>{{London Gazette |issue=30958 |date=1918-10-18 |startpage=12257 |accessdate=2012-05-23}}</ref>。戦争が終結すると、彼はテストパイロットとなり<ref>{{London Gazette |issue=30958 |date=1918-10-18 |startpage=12257 |accessdate=2012-05-23}}</ref>、1919年に退役した<ref name=Indp1173730/>。
 
1930年9月4日に彼は[[デ・ハビランド DH.60 モス]]飛行艇([[機体記号]]: G-AAVB)で、[[ロンドン]]の{{仮リンク|ブレント貯水池|en|Brent Reservoir}}から[[スウェーデン]]の[[ストックホルム]]までの1,040[[マイル]](約1,664[[キロメートル]])を12時間ノンストップで飛行するという新しい記録を打ち立てた<ref name=Lewis>Lewis (1970){{page needed|date=2012年5月}}</ref>。1936年3月24日には、{{仮リンク|ブリティッシュ・エアクラフト ドローン|en|British Aircraft Company Drone}}という超軽量飛行機(機体記号: G-ADPJ)で、[[クロイドン空港]]から[[ベルリン・テンペルホーフ国際空港]]までの570マイル(約912キロメートル)を11時間で飛行するという記録を打ち立てた。彼は約1日後に9時間で飛行して帰ってきたが、この時は[[ケント]]の[[カンタベリー]]を経由した<ref name=Lewis/><ref>{{cite web|url=http://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1936/1936%20-%200884.html|title=An Ultra-Light Record|publisher= ''Flight'' (flightglobal.com)|date= 1936-04-09| page=375 | accessdate = 2014-04-03}}</ref>。