「千葉自胤」の版間の差分

編集の要約なし
'''千葉 自胤'''('''ちば よりたね'''、[[文安]]3年([[1446年]]) - [[明応]]2年([[1493年]]))は[[室町時代]]中期の[[武将]]。[[室町幕府|幕府]]より認められた[[千葉氏]]当主。父は千葉氏嫡流の[[千葉胤賢]]。兄に[[千葉実胤|実胤]]。通称は二郎。
 
[[享徳]]3年[[12月27日 (旧暦)|12月27日]]([[1455年]][[1月15日]])[[鎌倉公方]][[足利成氏]]が[[関東管領]][[上杉憲忠]]を謀殺したことから[[享徳の乱]]が起こり、重臣でもある[[原胤房]]に[[亥鼻#亥鼻(千葉城について|千葉城]]を急襲され、千田庄(現在の[[多古町]])に逃れ援軍を待った千葉氏一族は、頼みの[[上杉氏]]の援軍が得られず籠った多古城と志摩城の落城により自刃して果てた。しかし兄実胤と自胤は父胤賢に連れられ志摩城を脱出、父も[[康正]]元年[[9月7日 (旧暦)|9月7日]](1455年[[10月17日]])[[坂田城#支城|小堤城]](現在の[[横芝光町]]小堤)で自刃して果てたが、自胤らは八幡庄市河城(現在の[[市川市]]市川)へと逃れた。そして[[征夷大将軍|将軍]][[足利義政]]が派遣した[[東常縁]]の支援を得たが、[[古河公方]][[足利成氏]]の派遣した[[簗田持助]]に敗れ、康正2年([[1456年]])正月19日に市河城も陥落、自胤らはさらに[[武蔵国]]へと逃れた。
 
東常縁は、[[東庄町|東庄]]の近い[[下総国|下総]][[匝瑳郡]]へ逃れ体制を立て直し、2月7日に匝瑳郡の惣社[[老尾神社]]で戦勝祈願をした後馬加城(現在の千葉市[[花見川区]]幕張町)を攻め落として、6月12日に[[馬加康胤]]の子[[馬加胤持|胤持]]を、11月1日には、[[上総国]]八幡(現在の[[市原市]]八幡)の村田川にまで逃れた馬加康胤を討ち取り、[[馬加氏]]を滅ぼした。
 
一方実胤と自胤は武蔵国に逃れ、兄実胤は石浜(現在の[[台東区]]橋場)城主、自胤は[[赤塚城|赤塚]] (現在の[[板橋区]]赤塚)城主となり、康正3年([[1457年]])4月には外戚である[[扇谷上杉家]]の家宰の[[太田道灌]]が[[江戸城]]を築城する等、古河公方側に圧力をかけ続けたが、自胤らは確たる所領を持たないため経済的にはひっ迫し、下総への帰還も思うに任せない状態であった。その後兄実胤が隠遁したため自胤が石浜城主となり幕府から認められた千葉氏当主となった。だが実際には、下総に於いては印東庄岩橋村(現在の[[酒々井町]]岩橋)の領主[[岩橋輔胤]]らは[[佐倉城#本佐倉城|本佐倉城]]を築城するなど反抗を続け、その子[[千葉孝胤|孝胤]]は千葉氏当主を自称し、幕府と対立していた足利成氏も孝胤に頼らざるを得なかったためこれを認め、自胤の下総帰還も叶わなかった。
 
なお東常縁は、[[応仁の乱]]で所領である[[美濃国]]郡上を[[斎藤妙椿]]に奪われはしたが、10首の和歌をもって返還が叶い[[文明 (元号)|文明]]元年([[1469年]])4月に、子東縁数を下総に残して帰京している。
匿名利用者