「申包胥」の版間の差分

m
bot: 解消済み仮リンク柏挙の戦いを内部リンクに置き換えます
m (bot: 解消済み仮リンク柏挙の戦いを内部リンクに置き換えます)
伍子胥が楚にいた頃、友人として親しく交遊したが、[[紀元前522年]]、子胥の父兄が主君の平王により誅殺される事件が起きる。復讐をするために楚を出奔する際、楚を必ず転覆させると誓う子胥に対して、包胥は私は必ず存続させると言い袂を別った。
 
後に呉の将軍となった伍子胥は、[[紀元前506年]]の{{仮リンク|[[柏挙の戦い|zh|柏舉之戰}}]]において楚を陥れ、すでに死去していた平王の墓を暴き、屍を三百回鞭打った。
 
この苛烈な所業に対して、山中に逃れていた包胥は人を遣わし問いただした。
527,044

回編集