「民放テレビ全国四波化」の版間の差分

編集の要約なし
 
=== 秋田県 ===
[[秋田県]]の場合、第1局の[[日本テレビネットワーク協議会|NNS]]系列局[[秋田放送]](ABS)は開局当初[[TBSラジオ|ラジオ]]のみならずテレビでも[[TBSテレビ|TBS]]との繋がりが深く<ref>ABSもテレビ開局当初はJNN系列になる予定だったが、マイクロ回線の都合上日本テレビ系列に加盟して現在に至る。なお、現在もJNNとのクロスネット状態のNNN非マストバイ局だがAAB開局以前はANNとのトリプルネット状態だった。ABSがネットしないNNN系列の番組を[[秋田テレビ]](AKT)が一部ネットしていた事もある。</ref>、1992年まではJNN系列の番組を一部同時ネットしていた。こうしたことから、(ABSとつながりの深い)地元紙の[[秋田魁新報]]が3局目の民放テレビ加盟系列をJNNとすることに難色を示したため、秋田3局目の民放テレビ局はANN系列の[[秋田朝日放送]](AAB)として1992年10月1日に開局<ref>詳しくは[[秋田朝日放送#秋田県の民放テレビ3局目がテレビ朝日系列となった経緯|'''こちらの項''']]を参照</ref>、現在に至る(民放テレビ4局目の周波数の割り当てはされなかったため、秋田県の民放テレビ4局化は頓挫。秋田県のJNN報道取材は[[IBC岩手放送]]・[[テレビユー山形]]および[[青森テレビ]]が主に担当<ref>IBCはかつて秋田にも支局を置いていたが、現在は盛岡本社より取材スタッフ(局アナ・記者・カメラマン等)を直接現地派遣。さらに[[秋田ケーブルテレビ]]ではIBCの再送信をデジタル・アナログ共に実施。</ref>)。
 
=== 宮城県 ===