「クロノス」の版間の差分

「The_Mutiliation_of_Uranus_by_Saturn.jpg」 を 「The_Mutilation_of_Uranus_by_Saturn.jpg」 に差し替え(CommonsDelinkerによる。理由:File renamed: typo)
(黄金時代について)
(「The_Mutiliation_of_Uranus_by_Saturn.jpg」 を 「The_Mutilation_of_Uranus_by_Saturn.jpg」 に差し替え(CommonsDelinkerによる。理由:File renamed: typo))
 
== ギリシア神話 ==
[[ファイル:The MutiliationMutilation of Uranus by Saturn.jpg|thumb|390 px|[[ジョルジョ・ヴァザーリ]]の描いた、クロノスとウーラノス]]
[[ヘーシオドス]]の『[[神統記]]』によれば[[ウーラノス]]と[[ガイア]]の息子で[[ティーターン]]の末弟<ref>ヘーシオドス『神統記』133-138。[[アポロドーロス]]『[[ビブリオテーケー]]』1巻1・3。</ref>。[[レアー]]の夫であり、[[ハーデース]]、[[ポセイドーン]]、[[ゼウス]]および[[ヘーラー]]、[[ヘスティアー]]、[[デーメーテール]]の父でもある<ref>ヘーシオドス、453 - 458。アポロドーロス、1巻1・5。</ref>。また、愛人である[[ニュンペー]]の[[ピリュラー]]との間に半人半馬の賢者[[ケイローン]]をもうけた<ref>[[ロドスのアポローニオス]]『アルゴナウティカ』2巻1231 - 1241。アポロードロス、1巻2・4。[[ヒュギーヌス]]『ギリシア神話集』序文、138。</ref>。