「マクセンティウスのバシリカ」の版間の差分

→‎歴史: 誤記と思われます
(→‎歴史: 誤記と思われます)
マクセンティウスのバシリカは、[[テトラルキア]]時代のローマ帝国皇帝[[マルクス・アウレリウス・ウァレリウス・マクセンティウス|マクセンティウス]]が308年に北側部分より建設を始め、[[ミルウィウス橋の戦い]]でマクセンティウスを破って帝国を再統一した皇帝[[コンスタンティヌス1世]]が、312年に完成させた。この時すでに使われなくなっていたと思われる[[ウェスパシアヌスのフォルム]](平和の神殿)と、[[ウェヌスとローマ神殿]]の間に建てられている。
 
バシリカの建物全体のサイズは幅65m×高さ奥行き100mであり、建物中央の[[身廊]]は幅25m×奥行き80m×高さ39mという巨大なものであった。身廊は4本の巨大な柱で支えられた{{仮リンク|交差ヴォールト|en|Groin vault}}の天井となっており、西端部の[[アプス]]には、高さ12mという巨大なコンスタンティヌス1世像([[:en:Colossus of Constantine|Colossus of Constantine]])が置かれていた。また、[[側廊]]の天井は身廊方向を向いた筒型[[ヴォールト]]となっている。
 
建物の東側はアーケード、南側は4本の柱で支えられた{{仮リンク|プロスタイル|en|Prostyle}}式の門となっていた。