「新潟市」の版間の差分

画像の追加と調整
(補足)
(画像の追加と調整)
 
== 概要 ==
[[Fileファイル:NiigataCityOpenData kuusatsu002.jpg|thumb|300px|[[信濃川]]河口に位置する新潟市街(2007年撮影)<br />左岸側(画像右)が[[近世]]からの市街地([[古町 (新潟市)|古町]])で、[[新潟駅]]のある対岸側は旧[[沼垂町]]や旧[[鳥屋野村]]の区域。]]
[[ファイル:NiigataCity.jpg|thumb|200px|[[朱鷺メッセ]]より[[新潟島]]を望む。]]
[[1889年]]([[明治]]22年)[[4月1日]]の[[市制]]によって設置された市のうちの1つ。市の中心部にあたる[[信濃川]]河口部には、古くから[[港]]が開かれ、[[幕末]]の[[日米修好通商条約]][[条約港#日本|開港五港]]の1つとなった。現在でも水陸の[[交通]]の要衝である。
 
[[2005年]]([[平成]]17年)の[[市町村合併|広域合併]]によって[[人口]]が81万人を突破し、[[2007年]]([[平成]]19年)[[4月1日]]に、[[本州]][[日本海]]側では初めての[[政令指定都市]]に移行した。市域には[[#行政区|後述]]する8[[行政区]]が設けられている。
 
[[ファイル:Reproduced hayakawa bori.jpg|thumb|旧新潟税関脇に復元された早川堀。明治時代には30以上の堀が存在したが、その全てが昭和30年代までに埋め立てられた。]]
[[1950年代]]まで、信濃川左岸の[[新潟島]]中心部には[[堀]]が張り巡らされ、それに沿って[[ヤナギ|柳]]が植えられていた。そのため、「'''水の都'''」「'''柳都'''(りゅうと)」などの異名を持つ。また、多数の[[漫画家]]を輩出していることや、[[新潟市内のバイパス網|バイパス網]]が発達していることで知られる。
[[萬代橋]]、[[NEXT21 (新潟市)|NEXT21]]、[[朱鷺メッセ]]、[[新潟スタジアム|デンカビッグスワンスタジアム]]、[[新潟日報メディアシップ]]がシンボル的存在となっている。
 
=== 市章 ===
[[ファイル:Flag of Niigata, Niigata.svg|thumb|200px|right|新潟市旗]]
;制定
新潟市の[[市町村章|市章]]は、[[1908年]]([[明治]]41年)3月4日に制定された。
 
== 地理 ==
[[Fileファイル:Aerial photo of Niigata 24-May-2019.jpg|thumb|250px|[[新潟島]]と[[日本海]]([[新潟海岸]])]]
{{main|新潟市の地理}}
新潟の地は[[越後平野]]に位置している。[[信濃川]]と[[阿賀野川]]が[[日本海]]に流れ込む場所で、河川の流域には低湿な[[平野]]と数多くの[[潟湖]]が、また海岸線に沿って[[新潟海岸]]と[[新潟砂丘]]と呼ばれる[[砂丘]]が形成されている。郊外には湿田や潟湖を[[干拓]]した広大な[[水田]]が広がる一方、現在でも[[鳥屋野潟]]や[[佐潟]]、[[福島潟]]などの潟湖が残されている。このうち佐潟については[[1997年]](平成9年)に、[[ラムサール条約]]登録[[湿地]]となっている。
=== 行政区 ===
{{色}}
[[ファイル:Niigata-ku jp.jpg|thumb|right|200px|新潟市の行政区]]
新潟市は現在、8区の行政区で構成される。市役所をはじめとする市政の中枢機能は中央区に置かれている。なお、各区にはイメージカラーが設定されている<ref>[http://www.city.niigata.lg.jp/shisei/gaiyo/profile/ku_gaiyou/color.html 8区のイメージカラー](新潟市政策企画部[[シティプロモーション]]推進課)</ref>。色の選考は、区民アンケートや専門家のアドバイスを参考にして、市民の代表と区長による「イメージカラー調整会議」で決定し、[[2007年]](平成19年)[[9月26日]]に発表された。
{| class="wikitable"
=== 中心市街地 ===
{{See also|中央区 (新潟市)#地域|新潟島}}
[[ファイル:Furumachi.jpg|thumb|right|200px|江戸時代からの市街地 [[古町 (新潟市)|古町]]]]
[[ファイル:Shinano river 20031119.jpg|thumb|left|200px|新潟市の市街地]]
[[ファイル:Niigata Bandai bashi dori 20131018.JPG|thumb|right|200px|近代以降の市街地 [[万代 (新潟市)|万代]]]]
 
「都心」と位置付けられる地域は中央区にあり、信濃川両岸に跨って所在する<ref group="市">{{Cite web|url=https://www.city.niigata.lg.jp/shisei/tokei/toshikeikaku/masterplans/tokei_2018110715.html|title=新潟都心の都市デザイン|publisher=新潟市|accessdate=2020-03-30}}</ref>。
 
=== 市域全般 ===
[[Fileファイル:Echigo-plain.jpg|thumb|280px|[[自然堤防]]に沿って帯状に形成される集落(奥)と砂丘地(手前左)([[西蒲区]])]]
市域全般においては、干拓・乾田化が開始される前の内陸部は湿地が大半を占めており、可住地が限定されていたこともあって、市域各地の[[在郷町]]や集落は、砂丘周辺や河川の[[自然堤防]]に沿うように発展した。しかし干拓・乾田化で内陸部の排水が進捗したことによって、湿田や小規模潟湖の埋め立てが進み、[[後背湿地]]も市街地化に充てられるようになったことなどから、各地で宅地の造成が行われ、北区の[[早通駅]]周辺など[[ベッドタウン]]となるような地域において[[団地|住宅団地]]・[[ニュータウン]]も建設された。
 
 
===現代===
[[ファイル:Amalgamation Niigata jp.jpg|thumb|right|300px|市制施行から現在までの合併の経緯]]
: [[太平洋戦争]]が終結した10年後の[[1955年]](昭和30年)、[[新潟大火 (1955年)|新潟大火]]が発生。[[1964年]](昭和39年)6月、マグニチュード7.5の[[新潟地震]]が発生した。また、天然ガス採取によって[[新潟島]]をはじめとする中心部の地盤が沈下し、[[阿賀野川]]流域では有機水銀による中毒に奇病([[四大公害病]]の[[第二水俣病|新潟水俣病]])が発生した。[[1985年]](昭和60年)までに690人が患者と認定された。
: [[高度経済成長]]期は[[自然災害]]からの復興、公害対策などの環境行政問題に追われていたが、[[1963年]](昭和38年)に国土開発の一つとして、[[新潟港#新潟東港(東港区)|新潟東港]]の建設工事が着工した。[[1969年]](昭和44年)に新潟東港が開港して、日本海側の貿易中枢港となった。
 
===議会===
[[ファイル:衆議院小選挙区 新潟県.svg|thumb|right|200px|衆議院小選挙区]]
====市議会====
{{main|新潟市議会}}
 
==国家機関==
[[ファイル:Niigata-Misaki Government Building 20131023.jpg|thumb|200px|[[新潟美咲合同庁舎]]]]
===行政機関===
※一部の行政機関に関しては、[[新潟美咲合同庁舎]]も参照。
道路交通では、[[高速自動車国道|高速道路]]が新潟市を中心に[[北陸自動車道]]、[[磐越自動車道]]、[[日本海東北自動車道]]が放射状に広がり、[[高速バス]]の路線網が県内外の主要都市とを結んでいる。特に県内線の高速バス路線は市内中心部の繁華街や主要施設に直接アクセスできる利点を活かし、各路線とも高頻度で運行されている。さらに国道・県道などの一般道路においても郊外を経由する[[バイパス道路]]網が発達しており、市内外各地への移動や都市間輸送に大きな役割を果たしている。[[新潟空港]]は国内外各地に路線網を有し、[[新潟港]]は海上交通の要衝として[[国際拠点港湾]]、[[中核国際港湾]]、[[日本海側拠点港]]のうち総合的拠点港に指定されている。
=== 空港 ===
[[ファイル:Niigata airport-japan.jpg|thumb|200px|新潟空港]]
{{main|新潟空港}}
東区の[[阿賀野川]]河口左岸側に位置する[[新潟空港]]からは、国内各都市および東アジア各都市とを結ぶ路線が就航している。新潟駅からバスで約25分の地点に立地し、市街地からのアクセスは比較的良好である。
===名物・特産品===
;{{Visible anchor|名物料理}}
[[画像ファイル:Sasadango1.jpg|200px|right|thumb|笹団子]]
[[Fileファイル:TareKatsudon Matsuriya.jpg|thumb|たれカツ丼]]
<div style="float: left; vertical-align: top; white-space: nowrap; margin-right: 1em">
* 郷土料理
 
; {{Visible anchor|特産品}}
[[画像ファイル:Le Lectier 20051122.jpg|thumb|200px|ル レクチエ(写真は追熟後)]]
<div style="float: left; vertical-align: top; white-space: nowrap; margin-right: 1em">
* 農作物
| 独立リーグGC1回、BCリーグ優勝1回
|}
[[ファイル:Albirex Niigata vs Urawa Red Diamonds, 11 March 2007.JPG|thumb|200px|[[新潟スタジアム]]でアルビレックス新潟の試合を観戦するサポーター]]
* アルビレックス新潟の主な練習所等の拠点は[[聖籠町]]だが、公式戦はすべて市内中央区で開催される。
* 新潟アルビレックスBCの合宿所等の拠点は[[長岡市]]だが、本社登記は中央区。市内では月間2試合前後ホームゲームを開催している。