「通船川」の版間の差分

画像の追加
(+maplink2)
(画像の追加)
{{Infobox 河川
|名称=通船川
|画像=[[ファイル:Old type Tsuusen River.jpg|250px|通船川 2020年09月6日撮影]]
|画像={{画像募集中|cat=新潟市}}
|画像説明=一級河川 通船川の風景。昭和までに作られた護岸は、矢板と法面で作られている。{{Maplink2|zoom=11|frame=yes|plain=yes|frame-align=center|frame-width=300|type=line|stroke-color=#0000cc|stroke-width=2}}
|水系等級=
|水系=信濃川水系
|種別=[[一級河川]]
|延長=8.5 <ref name="Jigyo">{{Cite web |url=http://www.pref.niigata.lg.jp/niigata_seibi/1292965291389.html|title=【新潟】主な河川事業(通船川)|publisher=新潟県|accessdate=2018-05-09}}</ref>
|流量=
|観測所=
|流域面積=16.9 <ref name="Jigyo"/>{{Cite web |url=https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/kasenseibi/1202058049839.html|title=通船川・鳥屋野潟河川激甚災害対策特別緊急事業:概要|publisher=新潟県|accessdate=2020-08-28}}</ref>
|流域面積=17 <ref name="Jigyo"/>
|水源=阿賀野川
|河口=信濃川
|流域={{JPN}} [[新潟県]]
|脚注=
|出典=
}}
 
'''通船川'''(つうせんがわ)は、[[新潟県]][[新潟市]][[東区 (新潟市)|東区]]内を流れる[[信濃川]][[水系]]の[[一級水系|一級河川]]<ref name="Jigyo"/>。
 
== 概要 ==
[[ファイル:Tsuusen River seen from the Agano River side.jpg|thumb|最上流部、阿賀野川からの流入部を新潟市北区松浜より望む。]]
全長約8.5km<ref name="Jigyo"/>で、上流側の[[阿賀野川]]と下流側の信濃川との間を流れる。中流部には[[木場#貯木場|貯木場]]が設けられている。河口付近には山の下閘門排水機場が設けられ、その近隣には都市・地域再生等利用区域にも指定された「河口の森」が広がる<ref>{{Cite web|url=https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/niigata_seibi/1331154103451.html|title=通船川の「河口の森」を都市・地域再生等利用区域に指定しました|publisher=新潟県新潟地域振興局 地域整備部|accessdate=2020-04-11}}</ref>。
[[ファイル:Tsushimaya lock drainage station.jpg|thumb|最上流部にある津島屋閘門排水機場]]
[[ファイル:New type Tsuusen River.jpg|thumb|平成以降に改修が行われた護岸]]
[[ファイル:Yanagi hashi Tsuusen River.jpg|thumb|通船川に架けられている柳橋]]
[[ファイル:Tsuusen River seen from the Shinano River side.jpg|thumb|最下流部、一級河川 信濃川への流出部を新潟市中央区入船町より望む]]
全長約8.5km<ref name="Jigyo"/>で、上流側の[[阿賀野川]]と下流側の信濃川との間を流れる。中流部には[[木場#貯木場|貯木場]]が設けられている。
全長約8.5km<ref name="Jigyo"/>で、上流側の[[阿賀野川]]と下流側から信濃川との間を流れる。中流取水部には[[木場#貯木場|貯木場津島屋]]閘門排水機場が設けられ、流入量を管理・調整している。河口付近には山の下閘門排水機場が設けられ、その近隣には都市・地域再生等利用区域にも指定された「河口の森」が広がる<ref>{{Cite web|url=https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/niigata_seibi/1331154103451.html|title=通船川の「河口の森」を都市・地域再生等利用区域に指定しました|publisher=新潟県新潟地域振興局 地域整備部|accessdate=2020-04-11}}</ref>。
 
== 歴史 ==
{{See also|阿賀野川|松ヶ崎掘割}}
 
かつて阿賀野川の下流域は複雑な乱流と蛇行を繰り返し、たびたび洪水を起こして流路がたびたび変わるなど、新田開発もままならない状態であった。[[新発田藩]]第6代藩主・[[溝口直治]]は[[1730年]]、信濃川に合流していた阿賀野川の河道を日本海へ直接流出させるため松ヶ崎(現新潟市東区下山・北区松浜付近)に掘割(捷水路)を開削した<ref name="Komon1">{{Cite web |url=http://www.pref.niigata.lg.jp/niigata_seibi/1201107659520.html|title=たずねてみよう山の下閘門排水機場 1.通船川は昔、阿賀野川だったって本当?|publisher=新潟県|accessdate=2018-05-09}}</ref><ref>{{Cite web |url=http://www.hrr.mlit.go.jp/agano/asobo/rekisi/chisui.html|title=阿賀野川の歴史 治水の歴史|publisher=[[国土交通省]]北陸地方整備局 阿賀野川河川事務所|accessdate=2018-05-09}}</ref>。だが、この捷水路([[松ヶ崎掘割]])は翌[[1731年]]春の融雪洪水によって決壊し、阿賀野川は日本海へ直接注ぎ込むようになった<ref name="Komon1"/>。
 
その後、この旧流路は「通船川」に改称。両河川の下流域の[[水運]]に用いられていたことが由来である。[[1773年]]、新発田藩第8代藩主・[[溝口直養]]によって流路整備などの改修を受けた。
 
[[明治時代]]からは「河川蒸気」と呼ばれる[[蒸気船]]による舟運が盛んになり、新潟市から[[葛塚町]](のちの[[豊栄市]]、現新潟市[[北区 (新潟市)|北区]])、[[福島潟]]を介して新発田町(現[[新発田市]])など県北部へ至る幹線交通路として機能していた。しかし鉄道や道路の整備が進み、さらに[[1927年]]、[[大河津分水]]が開通して信濃川の水位が低下し汽船の運行が困難になったことなどもあり、蒸気船による舟運は[[昭和時代]]初期にほぼ廃れた。
 
戦後、下流側の[[新潟港]](西港区)の区域では工場の立地が進み、また流域周辺の各地では宅地化が進んだが[[下水道]]は旧新潟市の中でも[[下水道]]の整備・供用が遅れ、排水や汚泥が浄化されぬまま流速の遅い通船川へ流れ込んだことから水質は次第に悪化し、特に下流側ではヘドロが悪臭を放っていた程である。流域周辺の住民の間では「ドブ川」と揶揄されるほどであり、日本一汚い川と呼ばれることがあった。
 
こうしたことから近年、新潟県と新潟市では通船川と、下流部で合流する[[栗ノ木川]]と[[鳥屋野潟]]の水質改善に取り組んでおりいるが、平成14年度公共用水域水質測定結果では全国2495位(ワースト53位)となっている。
 
== 脚注 ==