「上杉景勝」の版間の差分

編集の要約なし
同年、景勝を含む六人の大大名は豊臣家の大老{{Efn|「大老」は後世の呼称であり、当時は「奉行」「年寄」(『武家事紀』第三十一、「加能越古文書」「毛利家文書」など)であったとする学説・文献もある。}}に任ぜられ、[[小早川隆景]]の死後、景勝を含む五人の大老は豊臣家[[五大老]]と呼ばれるようになる。
同年、蒲生騒動が起こり、秀吉の命で東蒲原の津川城に藤田氏を派遣、代わりに新川が前田領とされ、[[土肥政繁]]ら越中衆を入れていた天神山城と宮崎城を、[[前田利長]]の家臣・青山吉次に明け渡す<ref>『前田家文書』に[[新川郡]]加増の記録はあるが、秀吉もしくは豊臣家からの新川郡の領知判物が前田家に無く江戸時代に問題とされる。この際に上杉家から加賀藩に転出した直江氏(本多氏)が幕府と交渉している。</ref>。
これにより、越後、佐渡二国に信濃川中島四郡、出羽庄内三郡、併せて91万石余の支配領域が確定した。この他に上方に台所入(軍役外)の在京領(10万石<ref> 『上杉家譜』など。1万石とする説もあるが、西国大名の毛利輝元宛が「8万3千石 京都台所入」(『大日本古文書 家わけ文書第8 毛利家文書之三』所収)のため些少{{要出典|date=2020年9月}}。</ref>余)があった。
 
慶長3年([[1598年]])、秀吉の命により[[会津]]120万石{{Efn|会津移封時、石高を明記した秀吉からの領地朱印状類は発給されていないが、「上杉家記」の「会津移封所領目録」には120万1,200石余と記されており、会津120万石は通説として『藩史大事典 第一巻 北海道・東北編』(雄山閣、1988年)を始め多くの書籍に記載されている。なお「秋田家史料」(東北大学附属図書館蔵)の「全国石高及び大名知行高帳」には会津中納言として91万9千石。上杉将士書上には会津50万石国替。}}に加増移封され、以後は「会津中納言」と呼ばれた。旧領地から引き続き統治が認められたのは、佐渡一国及び蒲生騒動で得た越後国のごく一部(東蒲原)と出羽国庄内のみで、後は[[伊達氏]]の領地だった出羽国の[[置賜地方]]、[[陸奥国]]の[[伊達郡]]、[[信夫郡]]、[[刈田郡]]と[[伊達政宗]]が征服した会津地方であった。また、各地は山地で隔絶され、現在でも交通の難所と呼ばれる峠道で結ばれているだけであった。常に北側に境を接する[[最上義光]]、伊達政宗と衝突の危険性が有り、[[宇都宮市|宇都宮]]12万石に減移封された[[蒲生氏]]に代わり東北諸大名と家康の監視と牽制という重大な使命が科せられ、結果的に家康との対立は避けられないものとなる。景勝は要となる[[米沢城]]に家老の[[直江兼続]]を配置、対伊達氏最前線の[[白石城]]の[[甘糟景継]]、[[福島城]]の本庄繁長、[[梁川城]]の[[須田長義]]、[[亀ヶ崎城|東禅寺城]]の[[志駄義秀]]を指揮させた。
匿名利用者