「SAT (大学進学適性試験)」の版間の差分

: // Edit via Wikiplus
(: // Edit via Wikiplus)
[[File:New SAT Logo (vector).svg|right|thumb|250px|SAT Reasoning Test|alt=SAT Reasoning Test]]
'''SAT'''(エスエーティー)は、非営利法人である [[カレッジボード]] が主催する標準テスト。SAT論理試験(SAT Reasoning Test:Test、旧SATⅠ)とSAT科目別試験(SAT Subject Test:Test、旧SATⅡ)の総称。[[アメリカ合衆国の高等教育|アメリカの大学]]入学時に考慮する要素の一つである。
 
SATは、本来Scholastic Aptitude Test(大学適性試験)を意味する略語であったが、1990年にScholastic Assessment Test(大学能力評価試験)に変わり、現在は略としてではなくSATそのものが名前に使われている。
誰がどの大学で学問を修める学力があるかどうかを判定し、合否の基準にする目的で[[1901年]]に導入され、何度か大幅な改定がなされてきた。またそれに伴い呼称も変わっている。試験は1年間に7回実施され、繰り返し受験することが可能である。結果は200点から800点となるので、全問不正解でも0点とはならない。
 
同様のテストに、別団体が運営する[https://www.act.org/ ACT (The AmericanACT(American College Testing Program)] Program)があり、米国の大学進学には、SATかACTのいずれかのテストの点数の提出が義務づけられている。この点数は米国内で、T-Score、又はDeviationdeviation value と呼ばれている。[[素点]](Raw Score)ではない。国籍、人種問わず全ての受験生に SAT ACT の得点が要求される。
 
== テスト内容 ==