「のっぺ」の版間の差分

画像の追加と文の追記修正
(全般に加筆修正)
(画像の追加と文の追記修正)
 
[[ファイル:のっぺい汁(新潟市)Noppe.jpg|thumb|例:新潟市の"のっぺ"」の一例]]
[[ファイル:のっぺい汁(新潟市).jpg|thumb|新潟市内であっても、地域や家庭毎に様々なバリエーションが存在する]]
'''のっぺ''' は新潟の[[郷土料理]]のひとつ。[[農山漁村の郷土料理百選]]に選定されている。
 
==概要==
短冊もしくは小さく[[角切り]]にした[[サトイモ]]を主とし、[[鶏肉]]、[[ニンジン]]、[[ゴボウ]]、[[油揚げ]]、加熱した[[イクラ]]、[[ホタテガイ]]の干し[[貝柱]]、[[椎茸]]、[[銀杏]]、[[筍]]、[[レンコン]]、[[蒲鉾]]等を加えた煮物である。地域や家庭あるいは個人の好みにより使用される具材の種類や、暖かいままであるか常温や冷やした状態で食されるかなど、多様な組み合わせが存在する。また、具材の切り方によって祝儀、不祝儀に出される煮物になる。サトイモによって「とろみ」が自然につくため、片栗粉やデンプンは必須ではない。イクラは加熱せず生のまま添えられる場合もあり、またイクラを加熱したものをとと豆(とと(魚魚)」は魚の幼児語である魚魚)と呼ぶ地域もある。
 
主に[[正月]]や[[冠婚葬祭]]の場で各家庭で食べられてきたが、近年では時期を問わずに食べられる傾向がある<ref>{{Cite journal|和書|author=歌城純子、玉木民子|date=1988|title=新潟県の郷土料理について|journal=新潟青陵女子短期大学研究報告|volume=18|url=https://core.ac.uk/download/pdf/160754486.pdf}} - CORE</ref>ほか、郷土料理店や居酒屋や惣菜店でも提供している場合がある<ref>{{Cite journal|和書|author=高橋洋子|date=2003|title=新潟の「のっぺ」-郷土料理の現状と今後-|journal=日本調理科学会誌|volume=36|pages=76-79|doi=10.11402/cookeryscience1995.36.1_76|url=https://doi.org/10.11402/cookeryscience1995.36.1_76}}</ref>。